運転免許証「12桁の数字」どんな意味? 個人情報はドコまで分かる?最後の“1桁“に隠れているコトとは

SNS上においては、運転免許証に記載される「12桁の数字」に関する様々なウワサが存在します。この番号から「学科試験の点数が分かる」といったウワサも聞かれますが、一体どのような意味があるのでしょうか。

運転免許証「12桁の数字」どんな意味?

 運転免許証には12桁の数字が表記されています。
 
 SNS上においては、この番号から「学科試験の点数が分かる」といったウワサも聞かれますが、一体どのような意味があるのでしょうか。

運転免許証の「12桁」の数字は?
運転免許証の「12桁」の数字は?

 運転免許証はマイナンバーカードと並び、多くの場所で身分証明書として利用できます。

 免許証の表面には氏名や住所、生年月日などのほか、免許証の交付日や取得した免許の種類などが記載されています。

 また裏面には「備考欄」と「臓器提供の意思表示欄」があり、備考欄には住所変更後の住所や普通二輪免許・大型二輪免許の取得日などを追記することがあります。

 備考欄が埋まってしまった場合は上から紙が貼り付けられ、その紙に続けて変更事項などを記載できるようになります。

 なお、備考欄に自分で書き込みをすると有印公文書変造罪といった犯罪に抵触する可能性があるため、変更があるときは警察施設で手続きをおこないましょう。

 このように免許証からは多くの情報が読み取れますが、表面にある12桁の免許証番号に関しては、どのような数字なのか知らないという人も少なくありません。

 SNS上においては「免許証番号の5~6桁目を見れば学科試験の点数が分かる」「00だったら100点、05だったら95点」など、真偽不明なウワサが広まっています。

 では、この12桁の免許証番号は一体どのような意味を持っているのでしょうか。

 まず1桁目と2桁目のことを「公安委員会コード」といい、初めて運転免許を取得した都道府県公安委員会をあらわしているため、どの都道府県で免許を取得したかが分かります。

 たとえば東京都で初めての免許を取得した場合は「30」、愛知県は「54」、大阪府は「62」などと決まっています。

 また北海道は面積が広く公安委員会が各方面に所在することから、札幌方面が「10」、函館方面が「11」、旭川方面が「12」、釧路方面が「13」、北見方面が「14」というように番号が振り分けられています。

 次に、免許証番号の3桁目と4桁目は「年別記号」と呼ばれ、初めて免許を取得した年(西暦)の下2桁を示しています。

 仮に1976年に免許を取得した場合には「76」、2012年ならば「12」と表記されます。

 さらに5桁目から10桁目までを「交付番号」といい、警察庁の文書では「交付年ごとの一連番号を表示する6桁の数字」と説明されています。

 番号の詳細は明らかになっていないものの、毎年、各都道府県公安委員会が免許取得者に割り当てる番号とみられています。

 つまり、免許証番号に関して「5桁目と6桁目を見れば学科試験の点数が分かる」というウワサは事実ではないといえるでしょう。

 実際にSNS上では「点数確認したら明らかに満点じゃなかったのに数字は『00』だった」「採点結果と数字が合わない」などの声が複数寄せられています。

 また11桁目は「チェックデジット」(検査数字)と呼ばれる数字で、1桁目から10桁目までの数字をもとに「モジュラス11」という計算方式で算出しています。

 これは入力ミスや偽造など番号に誤りが無いかを確認するための仕組みであり、商品のバーコードや銀行の口座番号にも活用されています。

 そして最後の12桁目は「再交付記号」といい、その名称のとおり免許証をなくして再交付を受けた回数をあらわします。

 1度も再交付をしたことがなければ「0」、1回ならば「1」、それ以降は再交付を受けた回数に応じて数が増えていきます。

 ただし、再交付が10回の場合も「1」と表示されます。

 警察庁の資料「運転免許統計 令和5年版」によると2023年中、免許証の再交付件数は46万2998件であり、1日あたり約1268件もの再交付がおこなわれている計算です。

 定期的に免許証の所在を確認しておくことが大切といえるでしょう。

※ ※ ※

 SNS上では自身の運転免許証の画像を投稿しているユーザーが散見されます。

 免許証番号だけで個人を特定することはできないものの、住所の一部や公安委員会名などの情報を安易に掲載することは控えたほうが良いでしょう。

【画像】「えっ…!」「ピンクの免許証」って何? 自慢したい免許証の画像を見る!(27枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. 最後は③です

  2. ほとんど嘘。免許証のナンバーの意味については保安上公開してはいけない情報がほとんどなので、一部関係者以外、その意味を知ることはない。記者は元警官らしいが、一介の警官が知れる情報ではない。ネットに錯綜している嘘情報かき集めたんだろな。

    • かき集めるとかしなくても一つの記事で腐る程同じネタやってるw
      元警察官だから信憑性高いよ!って思わせたいんどろうが、免許センター勤務とか免許事務に関わらない限り関係ない事なんだよな。言うまでもなく免許証自体の取り扱いは警察ではなく公安委員会。
      定年退官した警察官ならともかく辞めた警察官には価値なんてない。寧ろ何故辞めてこんな所でライターをやってるのか、謎だわ…。

      それと最後の定期的に免許証の確認とか言ってるけど、常日頃運転するなら定期的な確認じゃダメだろ。免許証不携帯かもし期限切れてれば無免許運転と言う犯罪になる。
      職業ドライバーじゃなければ毎日の確認は必要ないけど、逆に毎日運転する訳でもなければ運転の前に財布とか見て免許チェックはするべき。
      警察官経験者としてはあまりに稚拙な一文。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー