ホンダの「コスパ最強SUV」が魅力的! 新型「WR-V」何がスゴい? 209万円からのインド製SUVの実力は?

ホンダが新たに発売した新型「WR-V」はどのようなモデルなのでしょうか。実際に試乗して体感してみました。

まるで「ユニクロ」のような「良品廉価」が魅力

 ホンダが小型SUVの新型「WR-V」を2024年3月に発売した。このクルマは生い立ちが少しばかり複雑で、開発のベースはデザインを含めてタイに立地するホンダがおこない、インド市場をメインターゲットとしているためインド工場で生産されます。
 
 ホンダにとって初となる「日本で販売するインド工場製の乗用車」と考えていいでしょう。

タイで開発し、インドで生産されるホンダ新型「WR-V」
タイで開発し、インドで生産されるホンダ新型「WR-V」

 また、日本仕様のホンダ車といえば、軽自動車や「フリード」「ステップワゴン」など日本専用車か欧米市場向けを販売しているが、新型WR-Vの場合、新興国向けのモデルとなる。

 そんな新型WR-Vの考え方としては「良品廉価」。優れたコストパフォーマンスを持ち、世界規模で人気を得ている「ユニクロ」のような商品をイメージしてもらえれば間違いない。

 実際、新型WR-Vのスターティングプライスは、ADASに代表される安全装備だけでなくLEDヘッドライトやオートエアコン、パドルシフトなど全て標準して209万8800円。最近の自動車の価格を考えたらお買い得感が高い。

 しかもファーストカーとして使ったって十分なサイズ&使い勝手を持つ。1.5リッターエンジンながら、全長4325mm×全幅1790mmと押し出しの効いた3ナンバーボディを持ち、キャビンスペースもなかなか広い。荷室には家族4人+海外旅行用の荷物くらい簡単に積めてしまう。

 タイ人によるデザインも現行ホンダ車の中ではダントツに魅力的だし、完成度さえ納得できれば素晴らしいクルマだと思う。

【画像】「えっ…!」カッコいい! これがホンダの「最安SUV」です! 画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 斜め後方から眺めるとアルト?を想像してしまう・・

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー