めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!

2024年3月9日から10日に行われたカスタムカーイベント「名古屋オートフェスティバル2024」に、タフな改造を施した黒の「ハイエース」が展示されました。どのようなカスタムカーなのでしょうか。

イカツいカスタムがカッコイイ! 黒い「ハイエース」の正体とは

 2024年3月9日から10日、ポートメッセなごや(愛知県名古屋市)で開催された「名古屋オートフェスティバル2024」に、イカツいカスタムを施した黒のトヨタ「ハイエース」が展示され、来場者から注目を集めていました。

もはや「スーパーカー」級の迫力! ワイルドすぎるカスタムカーの正体とは
もはや「スーパーカー」級の迫力! ワイルドすぎるカスタムカーの正体とは

 ハイエースはトヨタが販売しているワンボックス型商用バン。もともとは「トヨエース」の小型版として1967年に登場した車両です。

 現行モデルは2004年にデビューしたロングセラーモデルである5代目(200系)。

 誕生から20年以上になりますが、ビジネスユーザーはもちろん、アウトドアレジャーを楽しむ個人ユーザーからも根強く支持され、カスタマイズカーのベースとしても高い人気を誇っています。

 今回のカスタムカーはその200系ハイエース(ワイドボディ/ミドルルーフ)をモチーフに、大きなアレンジを施しています。

 まず、顔面のデザインを大きく改造。フロントパネルはアルファベットの「T」をイメージさせる形状にデザインしています。

 釣り目のように形状変更されたヘッドライトは赤のランプに差し替えられているようで、荒々しさを増しています。

 さらにヘッドライトの間のグリルは細長い形状に変更するとともに、フロントバンパーは大型化され、前面へグッと突き出すような形状に変更。あわせて下部のグリルも左右に大開口部を展開し、イメージを一新させました。

 加えて極端なローダウンやオーバーフェンダー、リアウィングなどを配置し、ボディ全体でワイルドさを強調しています。

 そして後方部分で最も特徴的なのが、左右へ2本ずつ付いたマフラー。どちらともグッと横に傾斜したデザインになっています。

 これらのトータルコーディネイトによって、まるでスーパーカーのような雰囲気に生まれ変わり、もはやハイエースとは思えないほどの迫力を生み出していました。

※ ※ ※

 オーナーに話を聞いたところ、一番注目してほしいのは「横出しのマフラー」とのこと。実際、会場でも多くの来場者がド迫力のマフラーに目を向けていました。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「“黒い”ハイエース」を画像で見る(19枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー