ホンダの「クーペSUV」なにがイイ? 見た目以上に車内が広い!? クリーンで都会派「ヴェゼル」の魅力とは?

ヴェゼルの評価はどう?

 では、2代目ヴェゼルはユーザーからどのような評判を受けているのでしょうか。

 インターネットなどでは、スタイリッシュなエクステリアや適度なサイズ、燃費性能の良さなどが高評価となっているようです。

「コンパクトで運転しやすい」「デザインも優秀で満足」「手頃な価格のハイブリッドSUV」といったコメントが多い印象。

 インテリアも質感の高さやデザインの良さを評価する声が多いのですが、その一方で「平均点は高いが、なんか無難」というソツのなさを指摘する意見も見られました。

ホンダ「ヴェゼル」(2021年登場)
ホンダ「ヴェゼル」(2021年登場)

 現在ヴェゼルオーナーであるS氏(30代・男性)も同じ意見だといいます。

「画像で見るのより少し背が低く感じるのですが、それがクーペっぽいデザインとマッチしていて逆にまとまり感を感じることもあります。

 そして、見た目以上に後席の広さもあるので、背が高い男性を乗せても不満は聞いたことがありませんし、実用的な4ドアクーペという感覚で乗っています」

 またS氏が評価したように、車内空間の快適性を挙げるユーザーも多いようです。たいていのコンパクトSUVは後席の狭さを指摘されるケースが多いのですが、ヴェゼルに関しては、頭上&足元も必要十分なクリアランスを確保しているそうです。

「私はハイブリッド車を購入したのですが、装備などを考えるとライバルと比べても価格が高いという印象はありませんでした。

『Honda CONNECT』対応のナビの値段が高いのは残念ですが、これからの時代はコネクト機能が充実している必要があると思って奮発しました」(ヴェゼルオーナーのS氏)

 また、動力性能に関しては、ハイブリッドのEVモードの静かさも含めて、必要十分でパワー不足も感じないとのこと。

「死角も少ないですし、ウインドウ自体も大きく視界は非常に良好で、とにかく運転しやすいです。

 ただ足回りに関しては、舗装路は非常に快適ですが、荒れた路面はかなりゴツゴツ感がダイレクトに伝わってくる気がします。

 もう少し衝撃を上手に和らげるようなセッティングでもいいかなと思うのですが、走行の90%以上が舗装路なので、あまり問題にはならないですが」

 悪路での乗り心地に若干不満だそうですが、総合的には非常に満足度が高いそうです。

※ ※ ※

 同じコンパクトSUVでは、販売台数的にはトヨタ「ヤリスクロス」や「カローラクロス」に及ばないものの、ヴェゼルはしっかりとファンを増やしていることがわかります。

 適度なサイズと良好な視界、十分な広さの車内、そして何より都会に似合うスタイリッシュなデザインなどの完成度の高さがヴェゼルの魅力といえそうです。

 なお、2024年春にマイナーチェンジが実施され、デザインの変更やハイブリッドシステムの改良、バリエーションの追加が行われる予定です。新たなヴェゼルも人気を博しそうな予感がします。

【画像】「えっ…!」もうすぐマイチェン! これが新型「ヴェゼル」です! 画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 安い5ドアハッチの車高を上げただけのような安易さを覚えてしまう…後ろ姿なんか特に見れたもんじゃない…

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー