マジ!? 日産が新型「ムラーノ」24年度内に発表! “ラグジュアリーSUV”刷新!? 先進“顔”採用か

日産の経営計画「The Arc」にて、2024年度内に新型「ムラーノ」が登場することが明言されました。

ついに…新型ムラーノ登場か

 日産は2024年3月25日に価値・競争力・収益性を向上させる経営計画「The Arc」を発表しました。
 
 その中で2024年度内に新型「ムラーノ」が登場することが明言されました。

2024年度内に日産新型「ムラーノ」登場か(画像は2024年モデル)
2024年度内に日産新型「ムラーノ」登場か(画像は2024年モデル)

 日産の新たな経営計画「The Arc」は、新型車の投入、電動化の推進、開発・生産方式の革新、新技術の採用や戦略的パートナーシップなどで構成されるもので、これにより販売台数の増加と収益性の向上を目指すとしています。

 その中で今後3年間で30車種の新型車として、16車種の電動車両、14車種のICE車(内燃機関車)を展開する予定です。

 そのなかで今後3年のICE車において、2024年度には4車種を投入。

 すでに発表されているものでは、インフィニティ「QX80」と日産「キックス」。

 そして近い将来には日産「パトロール/アルマーダ」と「ムラーノ」の名前があがっていました。

 パトロール(中東名)/アルマーダ(北米名)は、かつて日本ではサファリの名前で販売されていました。

 一方のムラーノも日本で初代(2002年-2008年)、2代目(2008年-2015年)が販売されています。

 3代目(2014年-)は、主に北米を中心に販売されており、2019年モデルでは大幅なマイナーチェンジを実施。

 このモデルは、元レーシングドライバー星野一義の「インパル」にて並行輸入が可能でした。

 また直近では2023年8月30日に2024年モデルを発売し、装備などを刷新しています。

 なお現行となる3代目のボディサイズは全長192.8インチ(約4897mm)×全幅75.4インチ(約1915mm)×全高67.8インチ(約1722mm)、ホイールベース111.2インチ(約2824mm)です。

 パワートレインは、3.5リッターV型6気筒ガソリンエンジンにエクストロニックCVTを組み合わせ、最高出力260hp、最大トルク240lb-ftを発揮。駆動方式はAWDとFWDが用意されています。

※ ※ ※

 そんなムラーノですが、今回の経営計画「The Arc」にて刷新されることが明らかになりました。

 現行は2014年登場のため、2024年で10年目となり、フルモデルチェンジの時期です。

 昨今の日産車は「セレナ」や「ルークス」「パスファインダー」「キックス」など共通した「デジタルVモーション」を採用しています。

 そうしたことから新型ムラーノも先進的なデザインが採用されるかもしれません。

【画像】これが日産「ムラーノ」です。画像を見る!(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー