ホントに軽!? ホンダ新型「N-BOX」高級ミニバン並みの“広々後席”がスゴい! 最上級仕様ってどんなもの?

ホンダ「N-BOX」が2023年10月に全面刷新して3代目モデルが登場しました。そんな新型N-BOXの最上級モデルとはどのようなものなのでしょうか。

最上級の「N-BOXカスタム ターボ コーディネートスタイル」とは?

 日本で販売される新型車でもっとも売れているのがホンダの軽自動車「N-BOX」です。6年ぶりにフルモデルチェンジし、2023年10月に3代目モデルが発売されました。
 
 新型N-BOXは、従来モデルからの特徴である軽自動車最大級の広い室内空間や高いアイポイントを継承しつつ、ノイズレスな視界を追求。見通しが良く運転のしやすさも備えています。

最上級グレードの新型「N-BOXカスタム」
最上級グレードの新型「N-BOXカスタム」

 従来モデルと同様に、ラインナップには標準仕様の「N-BOX」とエアロ仕様の「N-BOXカスタム」を用意しました。

 パワートレインは、自然吸気エンジンのほか、新型N-BOXカスタムにはターボエンジンも設定。CVTは変速制御を見直し、これまで以上に上質な走りを実現しました。駆動方式はFFと4WDがあります。

 デザインも一新され、新型N-BOXは丸目ヘッドライトやフロントグリルに丸穴デザインを採用して親しみやすさを表現しています。

 一方の新型N-BOXカスタムは、立体的で緻密な造形のフロントグリルや、横幅いっぱいに広がる一文字ライト、ホンダ初のダイレクトプロジェクション式フルLEDヘッドライトによって精悍なデザインとしました。

 内装は新型N-BOXと新型N-BOXカスタムで共通のデザインですが、新型N-BOXはグレージュ基調の明るいカラーを採用し、コルクのような質感のインパネトレーと合わせることで、リビングのような室内空間に仕上げています。

 新型N-BOXカスタムはブラック基調のシックなインテリアを採用。大理石の質感を再現した高級感のあるインパネトレーを備えるなど、上質で精悍な室内が広がります。

 全モデルに標準装備される安全運転支援システム「ホンダ センシング」は、フロントワイドビューカメラと前後8つのソナーセンサーを用いたシステムを採用し、安心・安全を追求。

 近距離衝突軽減ブレーキや急アクセル抑制機能を追加するとともに、高速クルーズ時はよりスムーズな加速減と操舵で運転をアシストするなど、市街地から高速までさまざまなシーンで運転をサポートします。

 164万8900円から236万2800円という価格が設定された新型N-BOX/N-BOXカスタムですが、一番高いグレードはどのような仕様なのでしょうか。

 最上級となるのは、N-BOXカスタム(ターボ・4WD)の「コーディネートスタイル」で、ルーフをブラックに塗り分けた2トーンカラーのモデルです。

 新型N-BOXカスタムに新設されたコーディネートスタイルでは、ダーククロームメッキ加飾のフロントグリルやリアライセンスガーニッシュを採用。

 15インチのアルミホイールはベルリナブラック塗装+切削が施され、足元を含めて存在感のあるスタイリングを表現しました。

 内装は前述のようにブラックを基調とした落ち着いた雰囲気です。座り心地が良いソファのようなシートを備え、まるでリビングのように安らげる空間を実現。

 シートには、しっとりとした質感のプライムスムースが用いられたほか、インパネトレー奥やドリンクホルダーなどにはオレンジに光るインテリアイルミネーションが仕込まれており、軽自動車とは思えないような高級感のあるインテリアが楽しめます。

 また、後席は高級ミニバンにも引けを取らないほどの広々とした空間が広がります。座席を最後方にセットすれば足を組むことも可能。左右独立式のアームレストも備わり、ゆったり座わって移動することができます。

 さらに、運転席・助手席の背面に備えられた折り畳み式のテーブルは、後席で飲食するときなどに重宝しそうです。

※ ※ ※

 ターボエンジンが搭載される新型N-BOXカスタムは走行性能も魅力のひとつ。高速道路でも高い動力性能により、ロングドライブも楽にこなせます。

 上り坂でアクセルを踏み込んだ時はエンジン音が気になるシーンもありますが、ワインディングでのハンドリング性能も上々で、パドルシフトを使うと背の高さを感じさせないキビキビとした走りを味わうことができます。

【画像】「えっ…!」これが最上級の「新型N-BOX」です! 画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー