ホンダ「新型SUV」登場! ヴェゼル初公開&WR-V発売! 全長4.3m級で違いは? ほぼ同サイズでもイメージ異なる

ホンダは新たなSUV「WR-V」を発売しました。また今春には「ヴェゼル」のマイナーチェンジも行います。ボディサイズが近い2台にはどのような違いがあるのでしょうか。

新型WR-V&新型ヴェゼル発売! どう違う?

 ホンダは2024年3月22日に新型SUV「WR-V」を発売しました。
 
 近しいサイズのSUVとしてホンダ「ヴェゼル」がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

ホンダ「WR-V」発売! 2024年春には「ヴェゼル」もマイナーチェンジ!
ホンダ「WR-V」発売! 2024年春には「ヴェゼル」もマイナーチェンジ!

 2024年3月現在、日本で販売されているホンダのSUVは「ヴェゼル」、「ZR-V」ですが、2024年夏には「CR-V e:FCEV」が加わります。

 今回のWR-Vと合わせて4モデルのSUVがラインナップされることになりますが、その中でもWR-Vはヴェゼルに近しいサイズのエントリーモデルです。

 ボディサイズはWR-Vが全長4325mm×全幅1790mm×全高1650mm、ホイールベース2650mmなのに対して、ヴェゼルは全長4330mm×全幅1790mm×全高1580-1590mm、ホイールベース2610mmとなっています。

 また見た目上ではスクエア感のあるWR-Vとスタイリッシュなヴェゼルと異なっています。

 具体的にWR-Vは、スタイリングから安心と信頼を感じられるようなデザインを目指しました。

 とくにフロントノーズからリアまで体幹を貫くような厚みのあるボディ造形とすることで堂々とした佇まいを表現しています。

 対してヴェゼルは、クーペライクなプロポーションを際立たせながらも全席で爽快な視界を提供するための「スリーク&ロングキャビン」を採用することでサイドのラインを前後に貫かせた水平基調のデザインをしています。

 さらに空力性能においてF1パワーユニットの設計・開発などを行うHRD Sakuraの風洞実験施設にて検証を重ね、クラストップレベルの空力性能を徹底追求し、各部の形状を最適化することでシンプルで美しいエクステリアデザインとなりました。

 インテリアはWR-Vがシンプルで水平基調のデザインとし、スイッチ類やハンドル、ペダルの配置を最適化することで運転しやすい空間を目指しました。

 その他、後席では頭上空間の広さを確保やドアライニングの下部や前席シートバックの形状を工夫することで乗り降りがしやすく、ゆとりのある足元空間を実現しています。

 対するヴェゼルでは、しっかりとした「かたまり感」のあるソリッドなフォルムでSUVの力強さを表現。

 一方で身体の触れる部位には柔らかな触感のパッドをあしらうことで、強さと優しさを兼ね備えた空間としています。

 パワートレインでは、WR-Vに静粛性と高出力を両立した1.5リッターガソリンエンジンを採用。駆動方式はFFのみです。

 さらにCVTは、協調制御「G-design Shift」を採用しリニアな加速フィールを追求した他、加速時や減速時のステップシフト制御を採用することで心地よく安心感のある走りとなっています。

 対するヴェゼルは1.5リッターのガソリン車とハイブリッド車となり、ともに2WD/4WDを設定するなどの違いがあります。

 ガソリン車では、「フィット」で採用した新開発のCVTに対して、ギヤのローレシオ化を図り最適化。発進時はスムーズで扱いやすく、加速時にはリニアで爽快な加速フィールが感じられるよう改良を加えました。

 ハイブリッド車では、モーター走行を中心に様々ドライブモードを使い分ける独自の2モーターハイブリッドシステムを搭載。さらにモーター出力を上げることでSUVにふさわしい力強い走りを実現します。

 そんな2台ですが、グレード/価格ではどのような違いがあるのでしょうか。

 WR-Vは「X」の209万8800円から「Z+」の248万9300円となり、ヴェゼルはガソリン車「G」の239万9100円からハイブリッド車「e:HEV PLaY」の341万8800円です。

 WR-Vとヴェゼルについてホンダの販売店は次のように話しています。

「WR-Vは3月22日に発売されました。新しいSUVということもあり幅広い層のお客様から問合せを頂いています。

 対するヴェゼルも春にマイナーチェンジされるということもあり、新規のお客様からの問合せが来ております。

 サイズは近しい2台ですが、見た目やコンセプトが違いますので、客層が被ることはあまりありません」

※ ※ ※

 なおヴェゼルに関しては、2024年春にマイナーチェンジが予告されています。

 このマイナーモデルチェンジでは、フロントグリルやフロントバンパーの変更や、e:HEVの性能向上や機能&グレードの整理が行われます。

 またアウトドアテイストを追加した「HuNTパッケージ」を新たに設定するなど、新たなユーザーが興味を持ちそうなモデルが登場する予定です。

【画像】めちゃカッコいい! ホンダ新型「ヴェゼル」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー