「左足ブレーキ」は「アリ」?「ナシ」!? なぜ教習所では「右足ブレーキ」推奨? 割れる「見解」どちらが”正しい”のか

一般的に知られる操作方法とは異なる「左足ブレーキ」について、SNSなどではたびたび意見が寄せられているようです。「右足ブレーキ」との違いについて、それぞれのメリットやデメリットについて紹介します。

「右派」と「左派」で意見対立!?

 ここのところSNSなどを中心に、一般的なスタイルとは異なるブレーキ操作方法である「左足ブレーキ」が話題となっています。
 
「右派」と「左派」の間で大きく意見が分かれるようですが、それぞれどのような推奨理由を挙げているのでしょうか。

「えっ…!」ブレーキペダルを踏むのはどっちの足!?[画像はイメージです]
「えっ…!」ブレーキペダルを踏むのはどっちの足!?[画像はイメージです]

 左足ブレーキとは、読んで字のごとく「ブレーキペダルを左足で操作すること」を指しています。

 クラッチペダルのある3ペダルのマニュアル車であれば、左足は基本的にクラッチ操作に使用します。

 しかし現在多く普及している2ペダル車の場合は、左足がフリーな状態がほとんどであるため、左足でブレーキ操作をすることも不可能ではありません。

 そのため、定期的に耳にするアクセルとブレーキの踏み間違え事故に対して、「右足をアクセル、左足をブレーキとすれば、踏み間違えが減る」という意見や「べダルを踏み変える時間がなくなり、すぐブレーキが踏める」という意見もあり、左足ブレーキを推奨する声も存在しているのです。

 またモータースポーツでは、ドライビングテクニックのひとつとして左足ブレーキが実際に採用されているほか、レーシングカートなどは最初から右足アクセル、左足ブレーキのレイアウトとなっていることも、その声を後押しする要因のひとつとなっています。

 確かにこれらの意見も一理ありますが、日本の交通教習の政府方針として「右足ブレーキを基本に指導すること」が示されており、左足ブレーキは推奨されていないのが現状です。

 その理由としては、利き足が右の人が多く、普段から左足でペダルを踏むことに慣れていないことで微妙なペダル操作がしにくいことや、両足ともペダル部分に常に添えておくことになることで不自然な姿勢や踏ん張りが効かないことで疲れやすくなることなどが挙げられます。

 他にも通常であれば左足はフットレスト(備わらない車両では床部分など)に置くことで、無意識のうちに身体を固定して微妙かつ正確なペダルやステアリング操作を助けていますが、それができないことでとっさの時や急激なGを受けたときなどに予期せぬ操作をしてしまう可能性もあるでしょう。

 前述のように、レースの世界では当たり前のように使用されている左足ブレーキではありますが、レーシングカーは身体をバケットシートやレーシングハーネス(レース用シートベルト)でガッチリ固定しているという大きな違いがあることも考えなければなりません。

 そしてトラックなどの一部の車種においては、そもそも足元にステアリングシャフトが通っており、アクセルとブレーキはシャフトの右側、クラッチとフットレストはシャフトの左側に位置していて、物理的に左足ブレーキができない車種があることもあります。

 そのため、右足でアクセルとブレーキを操作するというのが基本となるのです。

 もちろん左足でブレーキペダルの操作をしてはいけないという決まりもないため、各ドライバーが一番操作しやすいと感じるペダル操作をする分には問題ありません。

 しかしその操作方法を他人に押し付けるようなことは、止めておいたほうが賢明かもしれません。

【画像】「えっ…!」これが高速道路で「絶対やってはいけない」行為です!(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

10件のコメント

  1. 貴社のいうように左足ブレーキの押しつけは良くない。しかし推奨はすべきと思う。当然慣れるまでは時間がかかるという前提で。長年左足ブレーキを使用する私でさえ。とっさの場合には右足でブレーキを踏むことも以前あったが、今では常時左足をフットブレーキの一に置いているのでとっさの場合は踏める。この利点はなんといっても踏み替え時間がないということである。またパワードリフトする場合にはその時間差を特に感じる。米国のような左足ブレーキが一般的な国と日本は違い右足ブレーキで習う人も多数いるが、もっと左足の良さがアピールされることを望む。強制ではなく利点を推奨するのが究極的表現だと思う。今回の文章では、利点があまり知らされておらず不満である。

  2. 左足ブレーキを否定はしませんが、左足をブレーキペダルに乗せたままの走行は止めるべきです。ブレーキを踏むつもりが無くてもブレーキランプがチカチカ点灯したり、点灯したままになったりして、後続車は不快であり、危険を感じる事もあります。
    私はMT車も乗りますし、トラックなどの物理的に左足ブレーキが不可能な車両も乗りますので、左足ブレーキは無いです。

  3. 少し前から左足ブレーキを練習しているのだが、一定の時間が経てば非常に上手く操作が出来るようになるようだ。と言うのも、俺はジャンプする時などは左足が利き足であるので、左足の動作調整には慣れている。それにマニュアル車に乗ると左足は足元で移動しているため、クラッチペダルから少し右側に移動させるのはそれほど苦にはならない。と言う訳で、左足ブレーキと右足ブレーキを使い分けている。

  4. 正直言って、トラックなどの大型車にも、左足用にブレーキをつけるべきでしょう。
    というか、ブレーキペダルを2つ付けるのです。どうせクラッチペダルの部分が空いているのだから、そこにもブレーキペダルを設置するのです。ただし、普段のブレーキよりも利きが弱くし、最終ブレーキを右も使用するというもの。根本的な考えとして、片方の足ですべて操作させるという設計に問題があり。両足を使って操作させるようにしなければ、大型車のブレーキの制動は難しくはなるでしょう。
    それから、AT車のブレーキペダルについて苦言があるのですけれど、今のブレーキペダルは、小さくなってます。昔のAT車(30年ぐらい前)は幅が今の1.5倍から2倍程度。だから、どっちから踏んでも操作しやすかった。今のブレーキペダルは、片足分の踏面しかない車もある。ブレーキについて、製造コストのことを考えて、踏面狭くして数を取ろうという考えがあるかもしれないが、それこそ安全面をないがしろにしている。昔のように大きな踏面のブレーキペダルを復活するべき。

  5. 右足が使い慣れているという論理はマニュアル車を基にしているだけで、私は左足で微妙なアクセルワークも可能である。教習所で、最初から左足ブレーキを練習させれば良いだけです。JAFはスピードオーバー時にフットレストで体を支えられないと言うが、スピードオーバーと踏み間違いの事故は何方が多いか明白ではないのでしょうか。

  6. 左足ブレーキはチェックランプが点灯するのでやめて下さい。

  7. 私はバスドライバーなので業務中は(AT車でも)右足ブレーキですが、マイカーでは常に左足ブレーキです。左足ブレーキ否定派の論拠は全てあやふやな思い込みであると断言します。
    極端に小柄だったり足が短かったり(あるいはドライビングポジションがおかしいとか変な靴を履いてるとか)でなければ、左足ブレーキでも踵部分で固定可能だし、膝などをセンターコンソールに押し付けるなどの対応も可能なので急ブレーキにもなんら問題ありません(私は今は北海道に住んでいるので動物の飛び出しによる急ブレーキは数多く経験しています)。また常時ペダルに足を構えている訳ではなくフットレストに置いていることも多いですが、それでも右足の踏み替えより早いし、また人の多い市街地では予めペダルに足を構えて置くこともできます(もちろん踵に重心があるのでブレーキランプは光りませんw仮に光っていたら反射でわかりますがそんなことはありませんwww)。

    • 純粋にアリです。
      自動車学校で右足ブレーキ推奨ではなく、出来る講師がいない・お上の指示待ち・安全意識ではなく出る杭は打たれるからやらない。

  8. ブレーキ踏み変え速度は変わりません。長距離移動の際、左足はブレーキペダルに乗せたままの人なら、足は疲労しますし、ブレーキペダルに左足を乗せない人は咄嗟のブレーキペダルの踏み込みも遅くなります。また、左足が利き足でないなら、踏み込む力は右足の方が強く踏み込めます。

    なので、左足ブレーキは推奨するべきでは無いと考えます。

  9. 左足ブレーキ推進派?の方々はよく本文を読み添付されている写真を御覧になって下さいそれでも左足ブレーキだとなれば、国営市原ホテル1名様ご案内となる可能性が有りますよ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー