ホンダ新型「流麗コンパクトSUV」初公開! ゴツ顔変化に反響多数!? “精悍SUV”「ヴェゼル」どう変わったのか?

ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」のマイナーチェンジについて、3月14日に先行情報が発表されました。さっそくネット上を中心に反響が集まっています。どこが変化して、どんな反響があるのでしょうか。

見た目の印象がガラッと変化!?

 ホンダが2024年3月14日に発表した、コンパクトSUVの新型「ヴェゼル」。春に発売予定です。
 
 マイナーチェンジながら、見た目や仕様にいろいろ変更があり、さっそくネット上を中心に反響が集まっています。

顔がゴツくなった! 2024年春に発売予定の新型「ヴェゼル」マイナーチェンジモデル
顔がゴツくなった! 2024年春に発売予定の新型「ヴェゼル」マイナーチェンジモデル

 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」は2013年に登場。コンパクトなサイズながら、クーペスタイルを意識したスマートなスタイリングによる伸びやかな存在感は、上位クラスにひけをとりません。そのスタイルながら居住性も確保され、室内空間はスッキリとして広々とした印象。これは「センタータンクレイアウト」を採用したことで実現したものです。

 現行型は、2021年4月に発売した2代目。初代に対してフロントデザインを大幅に刷新し、ボディ同色の個性的なフロントグリルや薄めのヘッドライトに、クロームメッキ類を減らすことで、クリーンで上級クラスのような佇まいに進化しています。

 さて、今回のマイナーチェンジでは、フロントデザインがさらに進化。特に目につく部分は、フロントグリルが「六角形→ほぼ長方形」と変化したこと。これで「ゴツみ」やタフ感が強くなっています。

 それに付随して、フロントバンパーの立体形状もかなり変化。斜め前から見ると、その変化具合がよくわかります。

 現行モデルはフロントグリルが突き出て見えるように、下向きに張り出した流線形が特徴です。いっぽうで新モデルはフロントグリルを中心に、各ラインが集まってくるような形状に変化しています。真正面から見ると、描く陰影が「逆ハの字→ハの字」という変化となっています。

 グレード展開は、アウトドアテイストの「HuNT(ハント)パッケージ」を新設。専用内装やパノラマルーフのある「PLaY(プレイ) パッケージ」はFFモデルだけでなくAWDモデルでも選べるようになりました。

 ほかにもe:HEVならではの走行性能の進化や、安全性能もパワーアップしています。

※ ※ ※

 これらの「先行情報」でも、ファンにはかなりの興奮材料だったかもしれません。

 ネット上では、「乗り換えたいくらいかっこいい」「やっぱり顔を変えてきたね」「無難な顔」「ええやん!やっぱりグリルはこのくらいゴツい方がええね!」「随分カッコよくなった印象を受ける」「精悍さが増した感じ」「よりSUVっぽさが主張されるんだな」とやはり”ゴツさ”への声があり、いっぽうで「マイチェン前のほうが好みかも」「ぎょえ〜」などの声も。

「あまり変わってなくて一安心!」という「安堵の声」もあれば、「フィットもこんな感じのフロントにして欲しい」と、別車種へのデザイン展開に期待する声もありました。

 フロントの形状変化は、「どこが変わったのかよくわからん」と悩む人もいるなか、「新幹線の700系からN700系に変わった時みたいな変化」と、ややマニアックな指摘をするファンもいました。

【画像】ここが変わった!ホンダ新型「ヴェゼル」新旧を見比べてみよう(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー