えっ!「ランボルギーニ“軽バン”」!? 迫力バンパー&2本出しマフラー&ガルウィング採用! 超豪華内装の「エブリイワゴン」実車公開

2024年2月10日から12日にかけ行われた「大阪オートメッセ」。このイベントで、サーカスプロジェクトはシザードアを採用するなど激しい改造を施したスズキ「エブリイワゴン」を展示しました。どのようなモデルなのでしょうか。

スズキの軽ワゴンがランボルギーニ風に!

 2024年2月10日から12日にかけインテックス大阪(大阪市住之江区)で開催された「大阪オートメッセ」でサーカスプロジェクトは、驚くべきスズキ「エブリイワゴン」のカスタムモデルを展示しました。

これはスゴイ! 軽ランボルギーニな「エブリイワゴン」
これはスゴイ! 軽ランボルギーニな「エブリイワゴン」

 サーカスプロジェクトは大阪府堺市のカスタムカーショップ。これまでもFRPによるエアロ製作や板金加工、塗装など、クルマに関する一連の業務を手掛けているほか、ドレスアップパーツも展開しています。

 今回展示していたのは、スズキの軽バン「エブリイワゴン」をベースとしたカスタムカー。やはり最も特徴的なのは、ドアの開閉機能でしょう。

なんと、こちらは車体の上側にドアが開くシザードア(俗に言うガルウィング)仕様になっているのです。

 また車両のフロントフェイスも激しく変更されています。ボンネット、グリル、フロントバンパー、ヘッドライトなどあらゆるパーツが変更され、ランボルギーニのスーパーカー「アヴェンタドール」のような姿に。

 リアではリアウィングや、やはりスーパーカーのように大胆なデザインのリアバンパーを装備して、スポーティな印象を高めています。足回りにはオーバーフェンダーと細いメッシュが印象的なホイールを装備しています。

 また、内装にはスエードの生地張りや特注マットなどを装備。さらにラゲッジオーディオも用意していて、ゴージャスな装いになっています。

 非常に手の込んだ斬新なエブリイワゴンだけに注目度は高く、会場では多くの人が足を止めていました。

※ ※ ※

 エブリイは、1961年登場の「キャリイトラック」(キャリイ バンは1964年追加)を起源とする軽商用車シリーズ。ワゴンタイプは、1999年に登場した4代目から設定されました。

 現行型エブリイは2015年に登場した6代目。2024年2月には、一部改良モデルが発表されています。

【画像】「えっ…!」これが”軽ランボルギーニ”な「エブリイ」です!画像で見る(38枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. こんなdqnカーを記事にするなんてどうかしてる

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー