ホンダの「スポーツクーペ“爆盛仕様”」登場!? 真紅の3LチューンドNA×MT搭載! アイルトン・セナの魂宿す「初代NSX」豪州で1200万超え

日本を代表するスーパーカーのひとつであるホンダ「NSX」。世界的にも高評価で、自動車史に名を残す名車ですが、そんなNSXがオークションに登場、高値で落札されました。

国内より安い? 「NSX」の価値を再確認する人も

 2024年2月23日、国際的なカーオークションサイト「Collecting Cars」において、ホンダ「NSX」が、12万7500オーストラリアドル(約1248万円)で落札されました。
 
 希少なモデルだといいますが、どのような個体なのでしょうか。

約1250万円で取引されたホンダ「NSX」とは!?[Photo:Collecting Cars]
約1250万円で取引されたホンダ「NSX」とは!?[Photo:Collecting Cars]

 Collecting Carsは、2018年に創設されたカーオークションサイトです。

 欧州をはじめ、シドニーやロサンゼルス、アブダビなどに拠点を持ち、欧州車や日本車をメインにオークションが開催されています。

 今回、日本円で約1248万円にのぼる高値で落札されたのは、1991年式「NSX」です。伝説的な名車とも言われている車種です。

 NSXは1990年にデビュー。車名はホンダの新しいスポーツカー、「ニュー」「スポーツカー」と未知数を表す「X」を合成させたNew SportsCar Xの略で、キャッチコピーは「our dreams come true」、「緊張ではない、解放するスポーツだ」とされました。

 ホンダにとっても新たなスポーツカーを開発するべく、大いに力を入れて制作に臨んだクルマで、F1世界選手権で当時最強ドライバーの座に君臨していたアイルトン・セナ選手も開発に携わるなどしていました。

 そうして生まれた初代モデル「NA1型」は、ミッドに3リッターエンジンを搭載し、1350kgという軽量なボディを実現。走行性能の高さを最も重視した設計になっており、その走りは生産から30年以上が経過した現在でも高く評価されています。

 その性能の高さと、歴史的重要性が相まって、初代モデルなどはとくに中古車市場でも人気な一台です。国内の相場は、程度の良いものであれば1000万円を超えることも珍しくないというわけです。

 そんなNSXですが、今回発見された個体はオーストラリアから出品されたものです。1991年式のこの個体は、内外装ともに極上のコンディションと言えます。

 日本から2012年に香港へ輸入され、2023年後半にオーストラリアで登録されたという変遷を辿っていて、出品した現在のオーナーは3人目とのこと。メーターパネル上の走行距離は6万7000キロ余りです。

 搭載されるエンジンは3リッターV型6気筒自然吸気でECUチューニングが施され、5速MTと組み合わされています。

 オークションサイトの紹介によれば、ソーサリー製のカスタムパーツであるフロントバンパー、フロントウィングに、タイテック製の後方パネルとリアウィング、ダウンフォース製のボンネットとディフューザー、ボンネットダクト、リアガーニッシュパネル、リアバランスパネル、マルガ・ヒルズ製のサイドスカート、ガレージ・カイト製のサイドダクトと、カスタマイズの限りを尽くしています。

 スパルコ製のバケットシートやサベルト製のハーネスをはじめ、運転席はスポーティな楽しみ方を追求したカスタマイズが行われているとのこと。

※ ※ ※

 NSXのカルト的人気は衰えることはなく、昨年3月には、隣国ニュージーランドからも1991年式が出品され、その徹底カスタムぶりが話題に。さらに11月にも「タイプR」が出品されて、6000万円近い高値がついたといいます。

 往時のスーパーカーブームを象徴する名車は、まだまだこれからも世間を賑わせてくれそうです。

【画像】えっ…!? これがホンダの「伝説のスーパーカー」現存実車です 画像で見る! (30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

10件のコメント

  1. 3リッターの垂直6気筒自然吸気ターボエンジン?

    初期型NA1であれば、V6・3リッターの自然吸気エンジンですよね?
    ちょっと間違え方が酷いのでは…

  2. 垂直6気筒?垂直って何?
    自然吸気ターボエンジン?どっちよ?w
    書いてる事がめちゃくちゃ。
    言葉は悪いけどハッキリ言ってバカ丸出し、
    よくもまぁここまで無知な記事を書いて
    平気で出せるもんだね。
    物書きとして恥ずかしくないの?呆れるわ、ほんとに。

  3. >搭載されるエンジンは初期型の3リッターの垂直6気筒自然吸気ターボエンジンで
    初期型も何もNSXには過給機付きは最初から無いし。
    明らかなチューンドカーやろ。

  4. くるまのニュースさん、
    いい加減適当な内容の記事、本当にやめた方がいいよ。
    間違いでも酷すぎる。

  5. 垂直?直列と言いたいの?
    NSXに直列エンジン何て無い!
    初期型の垂直6気筒自然吸気ターボエンジン?
    初期型はC30A型の横置きV6NAエンジン、自然吸気ターボエンジンなんて物は
    この世に存在しない。直6ターボエンジンが乗っているなら
    エンジン載せ替えのチューンドカー。
    知ってる言葉を並べただけか?この記事は。
    最低限のことぐらいちゃんと調べてから記事書きな、みっともないよ。

  6. どう間違えたらNSXがNEXになるの?

  7. ソーサリー製ってのも嘘じゃ?
    知っている人が見ればすぐ分かる、写真の
    エアロはソーサリー製ではないとありましたが…。
    何故こんなデタラメな記事書くの?

  8. このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
    修正いたしました。

    • 修正も何も、何をどう間違えたら
      垂直やら自然吸気ターボエンジンなんて訳分らん
      間違いが出来んの?適当にそれっぽく書いておけばいいと思って
      まともな記事上げる気無いでしょ?
      あまりにも酷すぎるので言葉悪くなってるけど
      その辺はどう思ってんのか記事を書いている人に聞きたい。
      過去にそんな記事いくつあると思ってるの?

    • 都合の悪いことにはダンマリ、
      「文句あるなら見るなよ」って事なんでしょうね。
      今後メディアヴァーグのコンテンツは一切見ないし
      ブロックもさせてもらいます。
      車のコンテンツが好きなだけに、こういったいい加減な
      サイトが横行しているのは残念極まりなし。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー