なぜ「セダン」不人気になった? かつては“定番”も今では「ほぼ壊滅」… メリット薄れたセダンは「復活」できるのか

かつて一般的だったセダンの不調が続き、現在ではラインナップを大幅に縮小、もしくは廃止するメーカーがほとんどです。一体なぜセダンは廃れてしまったのでしょうか。

かつて定番だったのに… なぜ「セダン廃止」相次ぐ?

「マツダ6」が生産終了し、昨年末には長い歴史を誇るトヨタ「カムリ」が国内生産を終えています。日産「シーマ」やホンダ「レジェンド」などもすでに生産を終えており、国産セダンが相次いで終了しています。
 
 では、セダンであることのメリットはどういうところにあるのでしょうか。また、今後人気が出ることはないのでしょうか。

数少ないFRスポーツセダンの日産「スカイライン」
数少ないFRスポーツセダンの日産「スカイライン」

 国内で、新車販売するセダンがますます少なくなっています。

 昨年(2023年)末にトヨタがカムリの国内向け生産をやめ、マツダも2024年4月中旬にはマツダ6の国内向け生産を終了予定です。

 ここ数年でトヨタ「アリオン/プレミオ」、スバル「レガシィB4」「インプレッサG4」、日産はシーマと「ティアナ」、ホンダはレジェンドと「グレイス」といったように、日本市場からセダンがどんどん消え、どのメーカーもセダンの数を少なくしてしまいました。

 参考までに2024年2月中旬時点で日本のメーカーが展開しているセダンをまとめると以下のようになります。

 トヨタ:「カローラ」「カローラ アクシオ」「クラウン(セダン)」「プリウス(公式サイト上ではセダンに分類)」「MIRAI」「センチュリー(セダンタイプ)」

 レクサス:「LS」「ES」「IS」

 日産:「スカイライン」

 ホンダ:「アコード(新型登場待ち)」

 マツダ:「マツダ3 セダン」「マツダ6 セダン(4月中旬生産終了予定)」

 スバル:「WRX S4」

 スズキ・三菱・ダイハツ:なし

 こうして並べてみると、トヨタは減ったとはいえ、まだ多く用意している印象。

 今やSUVがラインナップの中心となったレクサスも、モデル数(公式サイト上で15車種)の割には多いといえるかもしれません。

 いっぽうで他のメーカーは、用意していても1車種にしかすぎません。

 しかも日産はV型6気筒ターボエンジン搭載のスカイライン、スバルだと同社の最速モデルとなるWRX S4といった、“買う人を選ぶ”モデルを「その1車種」としています。

 もはや「どうしてもセダンが必要」もしくは「スポーツセダンが好み」という人だけに向けた商売と言えるのかもしれません。

 どうしてこうなったのでしょうか。それは「セダンの人気が低下したから」に他ならないでしょう。

 街を走るクルマをみても、かつてにくらべてセダンを見かけなくなったことを実感できます。

【画像】この時代は良かった! これが「一世を風靡した名セダン」です!(30枚以上)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

4件のコメント

  1. かっては、フリ-ドもシェンタもないノアもセレナもない。だからセダンが売れたんだろ

  2.  以前はセダン以外の形はほとんどなくセダンの独壇場だったが、いろいろな車種が生まれたことで、必然的にセダンの地位が落ちた。車好きは新しい物好きも多く、新し車種が出れば(商品力が同じだとしても)セダン以外の方が売れる。また、最初の車がセダンでそのままセダンを選び続けているいるのはおじさん・おじいさんであり、特に日本ではおじさんを尊敬する人がいないので、若い人は「セダン以外」を選ぶことになる。
    もっとも、作業車からのミニバン、オフロード車からのSUVに関しては、日本メーカー発祥といっていいくらい。ある意味、セダンを不人気車種にしたのは日本メーカーともいえる。

    • SUVはゴミだからセダンの方が人気!

  3. 「荷物とある程度の車内空間があり足を伸ばせる、足を組みやすい、見た目はカッコ悪くなければよい」
    今はそんな車が売れているのが現実らしい。(Tディーラ曰く)

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー