アンダー160万円! マツダが新型「軽自動車」を発表! “鼓動”感じる「ターボエンジン」搭載! “安全性能”も魅力な「新型モデル」に反響あり

マツダは2023年12月、軽自動車「フレアワゴン」と「フレアワゴン カスタムスタイル」を全面刷新し、販売を開始。このモデルについてSNSではどのような反響が見られるのでしょうか。

マツダから新しい「軽自動車」が登場!

 マツダは、フルモデルチェンジした新型「フレアワゴン」と新型「フレアワゴン カスタムスタイル」を2023年12月25日に発売しました。
 
 同車についてSNSでは様々なコメントが投稿されています。

マツダ新型「フレアワゴン カスタムスタイル」
マツダ新型「フレアワゴン カスタムスタイル」

 およそ6年ぶりの刷新となった新型フレアワゴンシリーズは、2つのモデルラインナップを設定。なかでも新型フレアワゴン カスタムスタイルは、ベースモデルである新型フレアワゴンの内外装デザインを変更し、異なる個性を実現した上級仕様です。

どちらも今回の全面刷新によりデザインや室内の快適性、安全機能など歴代モデルの魅力をより進化させています。

 全高の高さと室内の広さを特徴とする両車のエクステリアデザインは、「大容量のコンテナ」がモチーフ。

 さらに新型フレアワゴンでは「心地よさ」と「ワクワク感」、新型フレアワゴン カスタムスタイルでは「上質感」と「存在感」を表現しているといいます。

 インテリアも両車のキャラクターに合わせた色調や素材が採用され、上質感と居心地の良さを確保。

 室内の使い勝手を向上させる注目の新装備としては、後席に設定された「マルチユースフラップ」が見どころでしょう。

 これはシート前端に、位置や角度の調整が可能なフラップを装備したもの。オットマンとしても荷物の落下予防壁としても利用可能という、斬新な発想から誕生しました。

 そのほか運転席と助手席の間には左右独立式センターアームレストが、両席共にはシートヒーターが採用されており、季節を問わず快適に運転できるよう利便性を高めています。

 パワーユニットは、64馬力の658cc直列3気筒ターボエンジンあるいは49馬力の657cc直列3気筒エンジンを搭載し、全車ともマイルドハイブリッドシステムを採用。トランスミッションにはCVTと組み合わせ、燃費性能とスムーズな走り、操縦安定性を両立しました。

 さらにマツダの軽自動車としては初めて、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポートII」を全車に標準装備。

 全車速追従機能や停止保持機能付きのアダプティブクルーズコントロールも採用した新型フレアシリーズは、安全性能の高さも特徴と言えるでしょう。

 両車の車両価格(消費税込)は、新型フレアワゴンが154万1100円から183万5900円、新型フレアワゴン カスタムスタイルは200万6400円から240万200円。

 どちらも駆動方式はFFと4WDが選択可能です。

 なお、新型フレアワゴンと新型フレアワゴン カスタムスタイルは、スズキの新型「スペーシア」および新型「スペーシアカスタム」のOEMモデルになります。

※ ※ ※

 この新型フレアシリーズについてSNSでは「マツダの軽自動車ってスズキ製だったのか」と、スズキのOEMモデルということを知って驚く人や、「マツダらしくMT仕様があれば買っていた」「マツダには久々に自社開発の軽自動車を販売して欲しい」「ロータリー搭載では無かったか…無念」など、かつてのようにマツダオリジナルの軽自動車を望む声が見られます。

 また、「またAZ-1みたいなの作ってくれないかなぁ」「AZ-オフロードを復活させてください」といった、特定のモデルの復活を望む声も少なくありません。

 そのほか、「性能は魅力ですが、240万円だとMAZDA2の上級グレードも買えちゃうんですよね…」「アレコレ付けたら約200万円か。最近の軽自動車は高くなったな」など近年の軽自動車の高価格化に言及する声も見られ、コンパクトカーと軽自動車の境目は年々狭まっているようです。

【画像】「えっ…!」 これがマツダの新しい「軽自動車」です(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

17件のコメント

  1. ただのスペーシアですありがとうございました

    • みんな落ち着けって。「マツダなのにロータリーじゃない!」とか言わないだけマトモだぞw
      もっとも、OEMの存在を知らない様な書き方してるのは擁護のしようも無いが…

  2. マツダの皮を被ったスペーシアでしょ。
    "鼓動"感じる『ターボエンジン』搭載とか、まるでマツダ製のターボエンジンでも搭載してるかの様な紛らわしい表現ですよ。

    • マツダの皮さえかぶってねーけどな・・・

  3. 値段も安いし、かっこいい。バイクも低価格化に回帰してきているのでいい読みだと思います。
    調子に乗りすぎて高値誘導しすぎてました。

  4. 皆さん落ち着いて。自動車情報誌の「東スポ」だと思っていれば腹も立ちませんよw

    • 素晴らしい例え♪

  5. 「スズキのOEMモデルということを知って驚く人」
    いまさら?もう30年くらいやってるよね?

  6. 車好きなら スルー できることを
    わざわざ言う
    車好きくないのかな?

  7. 最近の軽は高いですね、昔のコンパクトカーは120万位で買えました、その時代が懐かしい。

  8. >かつてのようにマツダオリジナルの軽自動車を望む声が見られます。

    AZ-1ですらスズキ製なのだが。

    • AZ-1は、マツダ製。OEMが、スズキCARA(丿 ̄ο ̄)丿

  9. そうか!鼓動感じるエンジンはスズキ謹製なんだw

    くだらない記事ご苦労様𐤔‪ 𐤔‪𐤔

  10. アンダー160万でターボ搭載だそうです。
    頭大丈夫ですかね。

  11. 結構前からスズキの軽なんだけどな

  12. スペーシアやん。
    マツダは自社で軽自動車生産してねえから

  13. フロントバンパーの開口部だけでもマツダ風にできないの?ヨーロッパ版のマツダ2ハイブリッドみたいに。日産と三菱はデイズ・EKもルークス・スペースで上手く作り分けている。先々代のキャロルやAZワゴンはやっていたのに…

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー