トヨタ「シエンタ」サイズの新型「トルネオ」登場!? 6速MT搭載の「新型コンパクトミニバン」! SUV風デザインの「最高にちょうどいい」“新型モデル”とは

欧州には、ルノー「カングー」のヒットによって脚光を浴びるようになった欧州生まれの小型MPVがいくつか存在しますが、今回は2023年5月にフルモデルチェンジし、2代目となったフォード新型「トルネオ クーリエ」について解説します。

日本でも活躍しそうな新型コンパクトミニバン「トルネオC」とは

 ルノー「カングー」のヒットによって脚光を浴びるようになった欧州生まれの小型MPV(マルチ・パーパス・ビークル=多目的車)。

 日本にはカングーのほか、プジョー「リフター」、フィアット「ドブロ」、シトロエン「ベルランゴ」などが正規導入されていますが、欧州のラインナップはもっと豊富です。

 今回はフォードが欧州向けに開発し、ルーマニアで生産している新型「トルネオクーリエ」に注目してみます。

超カッコイイコンパクトミニバン!? フォード新型「トルネオ クーリエ」
超カッコイイコンパクトミニバン!? フォード新型「トルネオ クーリエ」

 欧州生まれのMPVは、元々商用車をベースにしているものが多く、合理的で骨太な設計思想が特徴です。

 トルネオ クーリエも同様で、商用車仕様の「トランジットクーリエ」と同時並行で開発され、レジャー向けの小型MPVとして2023年に発売されました。

 ボディサイズは全長4337mm×全幅1876mm×全高1817mm。後席ドアはスライド式です。

 ざっくり例えるとトヨタ「ルーミー」をふた回りほど大きくした感じの、2列シート5人乗りのハイトワゴンです。サイズだけで言えば、トヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」に近い感じです。

 エクステリアは、黒色を効果的に取り入れたSUV風のデザインで、ピラーすべてをブラックアウトすることによってルーフが浮かんでいるような視覚的効果をもたらしています。

 上級グレードには黒色のフェンダーモールとフロントスキッドプレートが装着され、SUVテイストを一段と強めています。

 車内はとても広く、6:4分割可倒式の後席を格納すれば最大1188リッターの荷室が出現します。

 バックドアは一般的な跳ね上げ式(トランジットクーリエは観音開き)。エンジンは1リッター3気筒ターボのガソリン仕様で、最高出力125馬力、最大トルク200Nmを発生します。

 ギアボックスは6速MTまたは7速AT。駆動方式はFFです。今年、EV版の発売が予定されています。

 価格は2万6912ユーロ(約425万円)から。5ナンバーを小型車として扱う日本市場では全幅の関係から小型とは言い難く、特異なキャラクターに捉えられるかもしれませんが、世界基準からすると十分コンパクトで実用的。日本市場でも活躍できそうです。

【画像】超カッコイイ!最高にちょうどいい新型「トルネオ C」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. 画像のタイトルに必ず“超カッコイイ”が付きますけど決まりなんですかね?それほどでもないように思えるのですが。

  2. 『トルネオ』云うから、てっきりホンダからの話かと思ったら、日本に正規輸入していないフォードかよ!!ww

  3. 全幅1876mmでは立駐に入りませんよ、シエンタサイズだなんてとんでもない!
    被っているのは全長のみ。全高はノア並み、価格もバカ高いし、全く比較になりません。

  4. このサイズで「シエンタ」サイズ?
    全長はともかく、高さと幅は「アルファード」や「エルグランド」と同等かでかいくらいですよ。
    昨年秋にもこの車で「鈴木さん」が同じようなことを書かれてましたが、「近藤さん」もサイズの読めない方なんですか?
    5ナンバーサイズって知ってます?

    • 「シエンタ」はSEO対策ですね。
      いわゆるマスゴミと同じでタイトル詐欺を狙っています。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー