ホンダが新型「斬新ミニバン」&「スーパーセダン」世界初公開! 2026年発売の「0シリーズ」は“走り”がめちゃ優秀?

2024年1月開催のCES2024でホンダは、新たなグローバルEV「0(ゼロ)シリーズ」を発表。あわせて同シリーズの新型「サルーン」と新型「スペースハブ」も公開しましたが、これらのメカニズムはどうなっているのでしょうか。インタビューで探ってみました。

ホンダ新型「サルーン」&新型「スペースハブ」のメカニズムとは

 2024年1月10日、ホンダが米ラスベガスで開催中の「CES2024」で、EVの新シリーズ「0(ゼロ)」と、そのコンセプトカーである新型「サルーン」「スペースハブ」をそれぞれ発表しました。

 2026年からの市場投入を予告された0シリーズのメカニズムは、どのようなものなのでしょうか。CES2024の現場で、開発を担当する中村氏に話を聞きました。

ホンダの新EVブランド「ゼロシリーズ」の「新型スペースハブ」
ホンダの新EVブランド「ゼロシリーズ」の「新型スペースハブ」

 現在、ホンダは日本の軽自動車EVや中国での「e:Nシリーズ」など、複数のEVプロジェクトを抱えています。今回の0シリーズは、そうした既存のプロジェクトとは異なるホンダ独自の新しいEVシリーズです。

「テストコースでの走りは、相当にイケてますよ」と開発担当の中村氏は笑顔を見せます。

 0シリーズのコンセプトは「Thin(薄く)」「Light(軽く)」「Wise(賢く)」というもの。新開発のEV専用プラットフォームは、非常に薄く、軽く、そして賢いものになっているようです。

「フロントにエンジンがありませんから、クラッシャブルゾーンを大きく取れます。また、各コンポーネンツもMM思想(マンマキシマム・メカミニマム:人の空間は大きく、機械は小さくというホンダ伝統の考え)から小さくしています。バッテリーも、新規のE&Eアーキテクチャにより賢く使いますから、むやみにたくさん積みません。

 これで業界平均と比較して、現時点で100kg軽くできています。2020年代後半には300kg軽くすることが目標です」と中村さん。

 クルマを軽くできれば、それだけモーターにかかる負担は少なくなるので、同じ距離を走るのでも搭載するバッテリーを減らすことができ、さらなる軽量化が可能となります。

 また、バッテリーが少なければ、充電にかかる時間も短縮されます。0シリーズの15~80%の急速充電は10~15分程度に短縮されるというから驚きです。軽さに徹すれば、ポジティブなスパイラルが実現できるというわけです。

 また、今回のCES2024ではLGエナジーソリューション社とホンダが合弁会社を設立し、アメリカでバッテリー工場を立ち上げる計画も明かされました。自前のバッテリー工場を手に入れることになります。

 また、ステアリングと車輪をシャフトではなく、電気的につなぐステア・バイ・ワイヤの採用も0シリーズのトピックです。

 車内のレイアウトの自由度が増すため、車内空間がより使いやすく、そして広くできるようになります。また、走行面でも、高いポテンシャルを秘めている技術です。

 ちなみに、4輪操舵も「考えています」と中村さん。低く、軽く、賢いプラットフォームは、走りという面でも高いポテンシャルを秘めているはず。EVになってもホンダらしいホットな走りが期待できるでしょう。

 既存車種の改造EVではなく、新開発のEV専用プラットフォームを使った新しいEVシリーズが0シリーズです。2040年に100%の電動化を誓ったホンダの本気が、新型サルーンと新型スペースハブに見ることができます。

【画像】超カッコいい! ホンダ「新型ミニバン」を画像で見る(42枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. コンセプトカーだから、そのままの状態で販売されるわけでもない。また、意気込みが分かっただけで、何か開発出来た訳でもない。
    HONDA-eの失敗、デザインの向上がない、トーヨータイヤの問題等の不安要素しかないですね

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー