日産最強の「超コンパクトGT-R」に熱視線! 全長4.1m級なのに600馬力仕様も!? まさかの“市販化実現”で次期モデルにも期待高まる

日産「ジューク」をベースにハイパフォーマンス仕様に仕上げた「ジュークR」について、SNSではさまざまなコメントが投稿されています。

伝説的存在の「ジュークR」 次期型にも期待

 日本を代表するスーパースポーツカー、日産「GT-R」のパワートレインをコンパクトSUVに移植したというきわめて過激なモデルがあります。
 
 現在もなお、SNSなどではこのモデルについて話題にするユーザーも少なくないようです。

まさかの「超コンパクトGT-R SUV」に驚愕
まさかの「超コンパクトGT-R SUV」に驚愕

 この過激なモデルは日産「ジュークR」というスペシャルモデルです。

 ベースとなる「ジューク」は2010年に登場したコンパクトSUVで、コンパクトスポーツカーの俊敏さとSUVの力強さを結合させた独創的なクルマとして、今でも根強いファンを持っています。

 エクステリアは、直線と曲線を使い分けた大胆なもので、日産だけでなく他メーカーも含めても類似するモデルはない、斬新なデザインを採用。

 インテリアは精密機械のようなメカニカルさと生体的なしなやかさを結合させ、バイクのタンクをイメージしたセンターコンソールや、スキューバダイビングで使用するフィンをイメージしたドアトリムなど、さまざまな発想をもとに形作られています。

 ボディサイズは全長4135-4165mm×全幅1765-1770mm×全高1565mm、ホイールベースは2530mmです。

 パワートレインは1.5リッターまたは1.6リッターガソリンターボエンジンが用意され、トランスミッションはCVTのみ、駆動方式はFFおよび4WDが設定されました。

 そんなジュークをベースに、欧州日産のテクノロジーセンター(NTC-E)と英国のモータースポーツ大手RMLによって製造されたのがジュークRです。

「世界最速のクロスオーバー」と称するジュークRは、2011年10月4日に日産の欧州法人が発表し、同月25日にスペインでサプライズ公開されました。

 パワートレインは、GT-Rに搭載される487馬力の3.8リッターV型6気筒ツインターボ「VR38DETT」型エンジンに6速DCT、4WDシステム「アテーサE-TS」を組み合わせています。

 ボディはロールケージが溶接され、足回りも強化サスペンションを装着するなど、剛性を強化しています。

 エクステリアはマットブラックに塗装され、GT-Rと同じ20インチ鍛造ホイールを装着。専用フロントバンパーやリアスポイラーも装備されました。

 インテリアも、GT-Rと同品のステアリングやシートなどが用いられ、内外装もGT-Rの雰囲気をまとっています。

 当初はショー向けのワンオフモデル(厳密には左右ハンドルがあるため2台存在)として製作されましたが、英国日産は2012年5月に市販化を発表。

 市販モデルはGT-R 2012年モデルをベースに製作され、553馬力へとパワーアップしました。当時の価格は5000万円程度となっています。

 なお、このジュークRの性能を強化した「ジュークR 2.0」も存在し、2015年6月に英国で開催されたモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で世界初公開されました。

 改良モデルのジュークをベースに、最高出力はGT-R NISMOと同等の600馬力まで引き上げられ、フロントバンパーやリアバンパーのデザインも一新されました。

 そんなジュークRですが、今でも斬新かつ強力なスペシャルモデルとしてスポーツカーファンを中心に話題が絶えず、SNSなどでもさまざまなコメントが投稿されています。

「こんな可愛らしい見た目なのに凄い…!」「R35と同じエンジン積んだジュークRって名前のイカれたモンスターなんだよね」など、奇抜なエクステリアに強力なユニットを搭載することに関心を持つ人は少なくないようです。

 また、「売ってたの!?」「乗ってみたいなほんと」「運転したらどんな感じなんだろう」「2代目ジュークでも出てくれないかな~」など、市販化が実現していたことへの驚きや、運転フィーリングへの興味に加え、現行モデルをベースにしたジュークRを待つ意見も。

 さらに、「現代によみがえったパルサーGTI-Rってとこだな」など、かつて日産が販売していたコンパクトカー「パルサー」をベースに、世界ラリー選手権(WRC)に参戦するためにパワートレインを強化したスペシャルモデル「GTI-R」を思い出した人もいるようです。

※ ※ ※

 そんなジュークでしたが、日本では2019年末に生産を終了。

 一方で、同年には独特なデザインはそのまま引き継いだ2代目が登場し、欧州や北米などの海外で販売されています。

 なお、2代目ジュークをベースとしたジュークRについては、2023年末現在のところ開発予定は無さそうです。

【画像】「えっ…!」 これが「超コンパクトGT-R」の実車です!(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. は?

  2. 広告が多すぎて嫌になる
    くニュ
    このサイト忘れない
    もう絶対見ない

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー