6速MT設定あり! 日産が「新型スポーティセダン」発表! オシャ内装がイイ! 精悍すぎる「セントラ」に反響も! アンダー350万円でメキシコに登場

日産のメキシコ法人が新たな「セントラ」を発売したことを明らかにしました。これについて、セントラが売られていない日本のユーザーからも様々な反響が寄せられています。

「日本でも売って!」新型「セントラ」登場に反響集まる!

 日産のメキシコ法人は2023年11月13日、ミディアムセダン「セントラ」2024年モデルを発売しました。
 
 セントラが未発売である日本のユーザーからは、導入を熱望する声など多数の意見が集まっています。

めちゃカッコイイ! 日産新型「セントラ」2024年モデル
めちゃカッコイイ! 日産新型「セントラ」2024年モデル

 セントラは、1980年代に小型セダン「サニー」の米国名として始まったモデルで、そこから数えると2019年登場の現行型で8代目です。

 中国では「シルフィ」名で売られるなど、世界中で展開される日産の重要な戦略モデルへ成長していますが、日本で8代目セントラ/シルフィは販売されていません。

 一方で、メキシコ国内でセントラは25年以上販売されており、過去10年間で32万台が販売されているなど、根強い支持を集めるモデルです。

 現行型セントラのボディサイズは全長4646mm×全幅1815mm×全高1457mmです。

 今回発売された2024年型は、エクステリアとインテリアを中心に改良が施されています。

 エクステリアは、フロントグリルに多くの日産車で採用されている「Vモーショングリル」の最新仕様を新たに採用するほか、新しいデザインのヘッドライト、リアバンパー、ホイールを装備しエレガントかつスポーティな外観に仕上がっています。

 インテリアは、本革のキャメルカラーが設定されており高級感を高めています。

 また、パドルシフト、8インチのインフォーメーションタッチスクリーン、8スピーカーのBOSEオーディオシステムを備えています。

 パワートレインは、最大出力145馬力・最大トルク196Nmを発揮する2リッター直列4気筒エンジンを採用し、組み合わされるトランスミッションは、6速のMTもしくはCVTから選択可能です。

 グレード構成は、ベースグレードの「センス」、ミドルグレードの「アドバンス」、ハイグレードの「SR」。

 価格は、MTモデルが39万900メキシコ・ペソ(約339万円)から、CVTモデルが41万2900メキシコ・ペソ(約358万円)です。

※ ※ ※

 セントラの登場に日本ユーザーからは「セダン好きとしては国内で選択肢も少ないし販売してほしいところ」「日本で売ってくれればなあ」「国内にもお願い!」など、国内導入を熱望する声が多数見られています。

 なかには「日本メーカーなのに外国の方がラインナップ豊富なのなんか悲しい」の声も。

 また「高いなー」「価格が高い…」など値段に驚く声も集まるなど、さまざまな反響が集まっていました。

【画像】めちゃカッコいい! 日産新型「セントラ」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー