MT設定アリで3人乗り! 2年ぶり全面刷新の新型「カゼット」公開! 車体ごと変わった“新”「小型トラック」発売

2023年12月20日、UDトラックスは、小型トラック「カゼット(Kazet)」をフルモデルチェンジし、発売したと発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

2年ぶり全面刷新! 新型「カゼット」登場

 2023年12月20日、UDトラックスは、小型トラック「カゼット(Kazet)」をフルモデルチェンジし、発売したと発表しました。

いすゞになった! UD新型「カゼット(Kazet)」
いすゞになった! UD新型「カゼット(Kazet)」

 カゼットは、小型トラックの「コンドル」を源流に持つ三菱ふそう「キャンター」のOEM車です。初代モデルは2014年に登場。2021年にはベース車のフルモデルチェンジに合わせて2代目が登場しています。

 そんなカゼットですが、今回、約2年ぶりの全面刷新を受けた3代目モデルが登場。OEM元をいすゞの「エルフ」に改めています。

 エクステリアは、「運ぶ」を担うドライバーが、ワクワクと喜びを感じられるデザインが追求されています。

 キャブと同色のアッパーグリルとブランドロゴを配することで、UDトラックスの製品ラインアップとしての一貫性、小型トラックとしての強さと機敏さを表現。また広い室内空間を確保しながら空力にも優れ、燃費向上に貢献しています。

 夜間走行時の前方視界を良好に保つ可変配光型LEDヘッドランプを設定。ポップアップ式ヘッドランプウォッシャーもオプションで設定しています。

 インテリアは、徹底したドライバー目線の開発で、乗る人・使う人への深い思いやりを具現化。メーターパネル中央部に7インチ大型メーターディスプレイを採用するほか、運転席シートの座面には、より低反発なウレタン素材を採用し、座り心地を向上させています。

 エンジンは、3.0リッター直列4気筒ディーゼルエンジン(4JZ1)を採用し、150PSと175PSの2モデルを展開。自律噴射精度補償技術「i-ART」を搭載し、燃料噴射量を常時フィードバック補正し精密制御します。

 2025年度燃費基準に対し、「+15%達成」から「達成」まで全車「達成」以上を実現、尿素SCRシステムにおいて、サプライモジュールを尿素タンクに一体型とすることで移設が簡素化されるほか、軽量化に貢献しています。

 組み合わせるトランスミッションには、新AMTとして、9段デュアルクラッチトランスミッション「ISIM(アイシム)」を設定。

 デュアルクラッチトランスミッションにより、変速時のトルク抜けのないスムーズな加速を実現。ワイドレンジ・クロスレシオ化が、燃費性能と動力性能の両立を実現しています。

 また、ギア段判定ロジックに「勾配判定」を設定し、平坦路では3速発進、登坂路では2速、1速ギヤを自動で選択。最適なギア段選択に寄与し、ドライバーにストレスを感じさせない走行を実現しています。

 この他、従来どおりのMTも用意されます。

 新たな先進安全装置も搭載し、安全・運転支援機能を拡充しています。

 バックアイカメラ&モニター、電動パーキングブレーキはこれまでオプション装備でしたが、標準装備化。また、「ドライバー異常時対応システム(EDSS)」「標識認識機能」「標識連動型スピードリミッター」「全車速車間クルーズ(FACC)」「レーンキープアシスト(LKA)」が、オプション選択が可能になりました。

【画像】顔がカッコイイ! UD新型「カゼット」を画像で見る(88枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー