ホンダがギラ顔「新型SUV」実車公開! 黒グリルの「ヴェゼルRS」!? 精悍さアップの「HR-V」タイに登場

ホンダのタイ法人はバンコクで11月30日から12月11日まで開催された第40回「タイ国際モーターエキスポ2023」に、コンパクトSUV「HR-V」のスポーティな「RS」仕様を出展しました。

「ヴェゼル」のタイ仕様は独自の精悍デザインを採用!

 ホンダのタイ法人は、2023年11月30日から12月11日までバンコクで開催された第40回「タイ国際モーターエキスポ2023(モーターエキスポ2023)」に、ホンダの新型車ラインナップを出展しました。
 
 多くのモデルが並ぶなかには、「ヴェゼル」によく似たコンパクトSUV「HR-V」の姿もありました。

第40回「タイ国際モーターエキスポ2023」に出展されたホンダ「HR-V e:HEV RS」とはどんなクルマ!?
第40回「タイ国際モーターエキスポ2023」に出展されたホンダ「HR-V e:HEV RS」とはどんなクルマ!?

 HR-Vはタイ市場で2014年に発売されたコンパクトSUVで、累計10万台以上を販売してきた人気のモデルです。

 現在販売されているのは、2021年11月にフルモデルチェンジを実施した2代目で、全車が1.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンと2モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載するハイブリッド専用車として発表されました。

 複数のSUVモデルを販売するタイでは「プレミアムスポーツSUV」と位置付けられています。

 ボディサイズは、全長4330-4385mm×全幅1790mm×全高1690mm、ホイールベース2610mmです。

 この2代目HR-Vは、実は日本で2021年4月にモデルチェンジしたコンパクトSUVの2代目「ヴェゼル」のタイ向けモデルですが、内外装デザインや装備などがタイ独自の仕様となっています。

 特にボディ同色のフロントグリルを持つヴェゼルに対し、タイのHR-Vは独立したフロントグリルを備え、外観上で大きく異なる印象となっています。

 なかでも、最上級グレード「RS」は、高級感とスポーティさを強調したドット模様の専用フロントグリルなどを装着し、大きく差別化を図っています。

 ホンダ車のなかでもスポーティなモデルに名付けられるRSグレードですが、日本のヴェゼルには設定がなく、タイのHR-Vを最も特徴付ける仕様といえます。

 このほか、先進運転支援機能「ホンダセンシング」や、コネクティッド機能「ホンダコネクト」などの最新装備を備えたHR-Vのタイでの販売価格は、97万9000バーツ(約398万円)から117万9000バーツ(約480万円)です。

※ ※ ※

 モーターエキスポ2023のホンダブースでは、新型シティハッチバック RS e:HEVをはじめ、プレミアムセダンの新型「アコード」や、タイ・カー・オブ・ザ・イヤー2023を受賞したミドルサイズSUVの新型「CR-V」など、タイで販売される多くのモデルが出展され、来場者の注目を集めていました。

ホンダ・ヴェゼル のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコいい! ホンダ新型「HR-V」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー