三菱「軽SUV」がスゴい! ゴツかわいさ強調のデザインがめちゃイイ! 高評価獲得の「デリカミニ」とは

三菱「デリカミニ」が「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。どのようなところが評価されたのでしょうか。

三菱初の「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞

「2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー」において、三菱自動車の「デリカミニ」が「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。
 
 デザイン・カー・オブ・ザ・イヤーとは、秀でた内外装デザインを持つクルマに贈られるもので、三菱がこの賞を受賞するのは初めてです。

これまでの三菱デザインとはひと味違う新型「デリカミニ」
これまでの三菱デザインとはひと味違う新型「デリカミニ」

 デリカミニは「頼れるアクティブな軽スーパーハイトワゴン」をコンセプトとし、タフでギア感のあるSUVスタイリングと広々とした室内空間、力強い走りを融合させたミニバン「デリカ」の名を冠した軽スーパーハイトワゴンです。

 従来の「eKクロススペース」に代わるモデルとして2023年5月に発売。同年1月から開始された予約受付では、発売までの4カ月間で約1万6000台を受注するなど好評を博しています。

 そんなデリカミニのデザインは「DAILY ADVENTURE(日常に冒険を)」をテーマとし、フロントは力強さと安心感を表現する立体的な「ダイナミックシールド」に、特徴的な半円形のLEDポジションランプを内蔵したヘッドライトを組み合わせ、凛としながらも親しみやすい、デリカらしい表情としました。

 またフロントバンパーとテールゲートガーニッシュには立体的な「DELICA」ロゴを配するとともに、前後バンパー下部にプロテクト感のあるスキッドプレート形状を採用。

 さらに光沢のあるブラックのホイールアーチを備えることで、デリカならではのSUVらしい力強さと高い質感を表現しています。

 デリカミニがデザイン・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した理由について、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は次のようにコメントしました。

「近年厳ついフロントマスクがブランド・ランゲージだった三菱が一転、愛らしく魅力的な表情を採用したことが評価された。

 しかも販売台数はeKクロススペースの3倍強を達成。デザインが商品性の高さに直結する大切な要素であることを自ら証明してみせた。

 同社にとってアイコン的存在でもあるデリカのモデル名を用いるだけでなく、外観面でも同じ世界観を共有した意義も大きい」

 SNSでも「デリカミニ、かわいいもんねー」「デザイン部門のデリカミニはかわいいので納得」「愛嬌あるのがやっぱ良い!」「今年出たクルマのなかで一番好きなデザインだったからうれしい」といった声が投稿されるなど、愛らしいデザインが評価されていることがうかがえます。

 デザインのみならず、アウトドアから日常使いまで利便性に優れた機能的なインテリアや、後部座席でも快適に過ごすことができる広々とした室内空間、「マイパイロット」や「三菱 e-Assist」といったドライバーをサポートする運転支援機能、砂利道など未舗装路の運転も安心で快適な走行性能なども特徴としています。

【画像】「えっ…!」スゴいデザイン! これがゴツかわいい「デリカミニ」です! 画像を見る(32枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー