ド迫力顔のいすゞ新型「スポーティ四駆」実車展示! 鮮烈オレンジがカッコイイ「新型D-MAX」タイでお披露目

いすゞのタイ法人は、バンコクで開催の第40回「タイ国際モーターエキスポ2023」に、10月に大幅改良を実施した1トン積みピックアップトラックの新型「D-MAX(ディーマックス)」の実車展示を行いました。

10月に大型改良を実施したばかりの新型「D-MAX」を速攻カスタム!

 いすゞのタイ法人は、バンコクで2023年11月30日から12月11日まで開催の第40回「タイ国際モーターエキスポ2023(以下、モーターエキスポ2023)」に、10月に大幅改良を実施した1トン積みピックアップトラックの新型「D-MAX(ディーマックス)」を実車展示しました。
 
 標準仕様に加え、リフトアップやオフロードタイヤ、ブルバーなどでハードなカスタマイズを施したモデルなども勢ぞろいし、新型D-MAX登場を盛り上げました。

めちゃゴツい!カスタマイズを施し、より精悍になったいすゞ新型「D-MAX」
めちゃゴツい!カスタマイズを施し、より精悍になったいすゞ新型「D-MAX」

 モーターエキスポ2023に出展された新型D-MAXは、2002年の初代デビュー以来、アジア、欧州、中東、アフリカ、中南米、オセアニアなど100か国以上の国と地域で販売されているグローバル戦略車です。

 現行モデルは2019年にフルモデルチェンジした3代目で、2023年10月6日に大幅改良を実施しています。

 シングルキャブ、エクステンドキャブ、ダブルキャブの3モデルを合わせたD-MAXのグローバル販売台数は約34万台。

 そのうち、1トン積みピックアップトラック最大市場であるタイでは、約18万台(国内シェア45%)を記録する人気モデルとなっています。

 新型D-MAXのボディサイズは、全長5280mm×全幅1870mm×全高1810mm(ダブルキャブ)。

 エンジンは、3リッターまたは1.9リッターのディーゼル仕様で、トランスミッションは6速ATまたは6速MT、駆動方式は2WDまたは4WDが選択可能です。

 外観デザインは、「剛」(STRONG & AGGRESSIVE)、「駆」(SPORTY)、「進」(FUTURISTIC & DIGITAL)をコンセプトに、より力強くスポーティなスタイルに進化しました。

 内装デザインは、「靭」(STRONG & SUPPLE)、「麗」(HIGH-CLASS & SOPHISTICATED)をコンセプトに、操作感の改良や高級感の向上を図っています。

 新世代ステレオカメラを搭載したことで、先進運転支援機能(ADAS)の機能も拡充し、衝突被害軽減ブレーキの作動精度も向上しました。

 モーターエキスポ2023では、デビュー間もない新型D-MAXが複数展示されましたが、なかでも注目されたのがカスタマイズモデルです。

 新型D-MAXのダブルキャブ上級モデル「V-Cross 4×4」は、オフロードパーツブランド「TJM」製パーツを随所に盛り込んだ特別なドレスアップ仕様を用意。

 オレンジのボディカラーに映えるタフな仕様として、オフロードタイヤやアルミホイール、TJM製サスペンションキットなどで足回りをカスタマイズし、ルーフにはTJM製ルーフトップテントやサイドタープを搭載するほか、ブルバーを含むオフロード仕様の専用バンパー、ウインチなど本格装備がフルに採用されていました。

 このカスタマイズパーツ価格はセット総額で38万4820バーツ(約161万円)にのぼるといいます。

 このほか、Ironman(アイアンマン)製大型のブルバーなど備えたグレーのV-Cross 4×4も出展され、こちらのパーツ総額は26万8260バーツ(約112万円)でした。

※ ※ ※

 モーターエキスポ2023ではこのほかにも新型SUV「MU-X」も含め、カスタマイズモデルなど合計15台の車両を展示し、ユーザーのあらゆるライフスタイルにマッチする提案を行っていました。

【画像】めちゃカッコいい! いすゞ新型「D-MAX」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー