マツダ「新型ハイパワーSUV」登場! ド迫力1.9m幅のワイドボディ×高性能“四駆”搭載! 新型「CX-50 HEV」中国発売に反響は

マツダの中国合弁会社である長安マツダが広州モーターショーで正式発表した新型「CX-50 HEV」について、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

マツダ新型「ハイパワーSUV」に熱い視線

 マツダの中国合弁会社である長安マツダは、2023年11月17日から開催された「広州モーターショー」において、新型「CX-50 HEV」を正式発表しました。
 
 すでに販売されているCX-50のハイブリッド車ですが、この新モデルについてSNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

マツダ「CX-50」ハイブリッド車が登場
マツダ「CX-50」ハイブリッド車が登場

 CX-50は海外向けの中型SUVで、2021年10月7日にマツダが発表した「クロスオーバーSUV商品群の拡充計画」で投入が明らかにされたモデルです。

 ボディサイズは全長4785mm×全幅1920mm×全高1638mmと、日本で販売されている「ラージ商品群」の「CX-60」と同等の全長をもつほか、かなりワイドな車幅となっています。

 その一方で、モデルの位置付けとしては「MAZDA3」と同様の「スモール商品群」に数えられ、大型車が好まれる海外に向けたコンパクトモデルのポジションを担っています。

 2021年11月に世界初公開され、現在はアメリカ・カナダなどの北米地域に加えて中国においても販売。中国ではマツダと長安汽車による合弁会社が展開しています。

 エクステリアは、マツダ共通に共通する「魂動デザイン」に加え、ワイド&ローなイメージを引き立てる水平基調のデザインを採用。

 また、ほかのCXシリーズには見られないエッジの効いたホイールアーチが特徴で、スポーティで都会的なスタイリングです。

 インテリアはマツダ車共通のドライバー中心レイアウトとすることで、運転のしやすさや楽しさを追求。

 インパネやシートなどには上質なステッチを施し高い質感を表現しました。

 先進機能としてグレードアップした「マツダ インテリジェント セーフティ アシスト システム」を採用。前進時左右接近物検知機能や後退時トラフィック警告なども設定しています。

 さらに、コネクテッド機能も充実させ、アプリによるエンジン始動やドアロック、空気圧や電圧など車両状態の確認が可能なリモートコントロール機能も搭載しました。

 今回広州モーターショーでデビューしたのは2.5リッターガソリンエンジンにモーターとバッテリーを組み合わせるハイブリッドモデルです。

 パワーユニットには88kWのフロントモーターを搭載。さらに、中国向けでは設定のなかった4WDモデルも設定され、リアの40kWモーターを組み合わせることで効率的で強力な出力をもたらすといい、高性能モデルに位置付けられています。

 さらに、走行モードに「トレイルモード」が設けられ、悪路走行においてもスムーズな脱出ができるほか、前輪:後輪のトルク配分を100:0から20:80まで変更が可能で、スポーティな走りにも寄与するといいます。

 新型CX-50 HEVの価格は、19万5800元(約410万円)から23万9800元(約503万円)に設定されています。

 そんなCX-50 HEVについて、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

「カッコイイ」「ゴツい感じがいい」など、デザインに関する評価が高いようです。

 また、「FFベースでリアに強力なモーターか、こういうのが欲しかった」など、高性能モデルとしてのハイパワーなパワートレインに惹かれるユーザーや、「実際に販売したら売れるのでは?」「日本でも起爆剤になりそう」など、日本国内での展開に期待する人も。

 一方で、「車幅すごいな」「1900mmは普段使い難しい」など、国外向け特有の幅広さについて懸念する声もみられました。

【画像】めちゃカッコイイ! マツダ新型「CX-50」を画像で見る(48枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 視界が悪く車内が狭いSUVをオフロード寄りに見せかけたとしても実用性がないのでちょっと痛々しいなという印象です。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー