トヨタ新型「ランクル70“3ドアモデル”」公開!? 全長4.3m以下になってなんか“カワイイ”! めちゃ短くなったUAE仕様685万円から

トヨタ・アラブ首長国連邦法人の公式ウェブサイトには、2023年8月2日にも初公開された新型「ランドクルーザー70」がすでに掲載されており、注文可能な様子が見られます。中には、日本では公開されていなかった“3ドアモデル”も含まれるようですが、どのようなモデルなのでしょうか。

えっ? 3ドアモデル公開されてた?

 トヨタのアラブ首長国連邦法人の公式WEBサイトには、2023年8月2日にも初公開された新型「ランドクルーザー70」がすでに掲載されており、注文可能な様子が見られます。

 中には、日本では公開されていなかった“3ドアモデル”も含まれるようです。

エンジンも違う! トヨタ新型「ランドクルーザー70 3ドア」
エンジンも違う! トヨタ新型「ランドクルーザー70 3ドア」

 ランドクルーザーシリーズは、今から70年以上前の1951年に、警察予備隊(現・自衛隊)向けに計画された四輪駆動車を起源とする持つ本格SUV。ランドクルーザーシリーズのなかでも、1984年に登場した6代目モデルである70系(通称:ランドクルーザー70)は、日本では2004年に販売が終了していましたが、オーストラリアなど国外では継続して販売。2007年にはフロントフェイスを変更するなどしたマイナーチェンジモデルが誕生しています。

 そして、このモデルは、日本でも2014年に30周年を記念し、4ドアバン(76系)に加え国内モデルでは初のピックアップモデル(79系)もあわせて、およそ1年限定で再販されました。

 さらに2023年8月2日には、国内で9年ぶりとなるランドクルーザー70の再再販が発表され、新型モデルへと進化するほか、今回は限定モデルではなく、継続販売モデルとして今冬にも登場する予定です。

 そんな中、これまでも継続してランドクルーザー70が販売されていたオーストラリアでは、価格や仕様などが発表されており、少しずつ情報が明らかになっていました。

 そんなオーストラリア仕様や日本仕様にはない仕様が、アラブ首長国連邦仕様に存在することがわかりました。

 アラブ首長国連邦仕様では、ボディタイプとして、日本でも登場するワゴン以外に、シングルキャブ、ダブルキャブの各ピックアップトラックが用意されるほか、他市場ではまだ見られない”3ドアモデル“が用意されます。

 3ドアモデルのボディサイズは、全長4235mm×全幅1870 mm×全高1910mmで、ホイールベースは2310mm。5ドアモデルと比較して全長−640mm、ホイールベースは−420mmとなりかなり短くなってるほか、全高も−30mmとなっています。

 パワートレインは、日本で用意される最高出力203馬力・最大トルク500Nmを発揮する2.8リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジン+6速ATの組み合わせや、オーストラリア仕様に存在する最高出力205馬力・最大トルク430Nmを発揮する4.5リッターV型8気筒ディーゼルエンジン+5速MTの組み合わせではなく、最高出力228馬力・最大トルク360Nm を発揮する4.0リッター直列6気筒ガソリンエンジン+6速ATの組み合わせです。

 価格は、16万9900 UAEディルハム(約685万円)。ちなみに、5ドアモデルのアラブ首長国連邦仕様の価格は17万9900 UAEディルハム(約725万円)です。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「ランドクルーザー70”3ドア”」を画像で見る(30枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 昔は日本でもショートモデルもあったのに、なんでこんなに極端に売れなくなったんだろう?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー