9年ぶりに新型「ランクル70」発売! 既存モデルは全国で活躍してた? トラブル時にやってくる「JAF70」、新型採用はあるのか

まもなくトヨタ新型「ランドクルーザー70」が再再販売されますが、既存の70系自体は全国各地で活躍しています。なかもでトラブルに駆けつけるJAF仕様とはどのようなものなのでしょうか。

JAFのランドクルーザー70はこんなクルマ

 4輪、2輪を問わず、愛車のアクシデントをサポートしてくれる「日本自動車連盟(以下JAF)」のロードサービス。
 
 自動車保険などにロードサービスが付帯している場合でも、1度のサービスしか受けられないケースが多いため、ユーザーには頼りになる存在と言えます。

まもなくの発売が予定される新型「ランドクルーザー70」 一方全国で活躍するJAF70の特徴は?
まもなくの発売が予定される新型「ランドクルーザー70」 一方全国で活躍するJAF70の特徴は?

 JAFにはロードサービスに多様なタイプのクルマを用意。

 一般的に馴染みのあるレッカー車を筆頭に、車両ごと積載できるユニック車、狭い場所での故障救援を主とする軽バン、現場に素早く急行できるビッグスクーターなどがあります。

 その中でもファンの注目を集めているのが、トヨタ「ランドクルーザー70」のロードサービスカーです。

 まもなく新型モデルが再再販売される予定ですが、JAFで現在使用しているのは旧型。

 筆者が確認したところでは、HZJ74V(ミドルFRPトップ)を筆頭に、HZJ71V(ショートバン)、GRJ76K(30周年モデルバン)、GRJ79K(30周年ピックアップトラック)が配備されています。

 70系のロードサービスカーは北海道を筆頭に、主として降雪地のJAF支部に配備されていますが、東京でも活躍しています。

 広報課によれば、「支部ごとに車種選定を行うために現在稼動する台数がどれくらいあるのかは不明」とのこと。

 ちなみにピックアップトラックが配備されているのは、全国でも札幌支部だけのようです。

 70系は、積雪のある場所での救援活動が行えるという強みがあるだけでなく、ロードクリアランスが十分ではない車両では入りづらい未舗装林道にも入ることができます。

 70系のサービスカーには前後デフロックが標準装備されていますので、相当な悪条件の道でも走れるのではないでしょうか。

 70系のサービスカーに搭載されている装備は、「工具セット」「ポータブル電源」「燃料携行缶」「牽引ロープ」「エアタンク」「バッテリーケーブル」「パンク応急修理キット」といった他のサービスカーと基本的に同じものが積まれています。

【画像】「えっ…!」 超カッコいい! 何が変わった? 新ランクル70がコレです!(50枚以上)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2 3

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー