トヨタ新型「クラウンミニバン エアロ仕様」初公開! 1700万円超え「豪華ミニバン」の存在感マシマシ! ギラギラなモデリスタ仕様が中国で実車展示

トヨタのカスタムパーツを手掛ける「モデリスタ」ブランドは2023年11月17日から中国で開催された「広州モーターショー2023」において、新型「クラウンヴェルファイア」のモデリスタエアロ装着車を初公開しました。

「クラウンミニバン」にド迫力エアロ仕様登場!

 トヨタのカスタムパーツを手掛ける「モデリスタ」ブランドは2023年11月17日から中国で開催された「広州モーターショー2023」に初出展しました。
 
 同社のブースでは、新型「クラウンヴェルファイア」のモデリスタエアロ装着車を初公開しています。

トヨタ「クラウンヴェルファイア」のモデリスタ装着車が登場
トヨタ「クラウンヴェルファイア」のモデリスタ装着車が登場

 今回、モデリスタブースで出展されたクラウンヴェルファイアは、トヨタの中国合弁会社である一汽トヨタが2021年から販売しているミニバンです。

 名称の通り高級ミニバン「ヴェルファイア」の中国仕様車ですが、一汽トヨタでは高級ブランド「クラウン」ブランドの1モデルとして展開されており、内外装にはクラウンの特徴でもある王冠エンブレムが装着されています。

 2023年6月には3代目ヴェルファイアが登場すると同時に、クラウンヴェルファイアも中国でデビュー。

 ボディサイドBピラー付近に王冠エンブレムを配置したほか、リアには王冠エンブレムはないものの、テールレンズの中央には「CROWN VELLFIRE」のロゴが大きく取り付けられました。

 中国における新型クラウン ヴェルファイアの価格は、「スプリームエディション(至尊版)」グレードが89万9000元(約1770万円)です。

 そんなクラウンヴェルファイアには、国内の新型ヴェルファイアと同様の「BEAST RAZOR(ビーストレーザー)」スタイルのモデリスタエアロパーツが用意されるようです。

 フロント下部を延長しメッキ加飾を施すことで存在感を高めたフロントスポイラー、ボディサイド下部を引き締めるサイドスカート、ブラックとメッキの組み合わせで幅広感を強めるリアスカートと2本出しドレスアップマフラーが装着されています。

 さらに、ボンネット先端やスライドドア、フェンダーやクオーターといった部分にメッキ加飾を施す「クールシャインキット」も装備されています。

 これらのパーツのデザイン自体は国内と共通しているとみられますが、テールゲートに「MODELLISTA」の文字エンブレムが装着されている点が異なっており、上陸したばかりのニューブランドであることを強調しています。

※ ※ ※

 モデリスタブランドは1997年に誕生。国外では2020年にタイでの展開を皮切りに、2021年には中東・ロシア地域にも販売を拡大。海外専用パーツも設定しています。

 一方で、中国においては現在展開されておらず、モデリスタによれば今回の広州モーターショーでの出展が初めてだとしており、今後中国国内において正式に発売されるものと見られます。

【画像】「えっ…!」 これが「1700万円超えのクラウンミニバン」です! 画像で見る(44枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. リアビューが・・・ゴミ収集車にしか見えん・・・

  2. 見たい情報が満載なのに広告のストレスが凄すぎる。
    残念ながらもう二度と訪問しません。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー