まさかの「5速MT」復活! スズキ新型「ワゴンR」24日に発売! 一時“消滅”の貴重モデル再登場に称賛の声!

スズキは軽ハイトワゴン「ワゴンR」の5速MT車を2023年11月24日に発売すると発表しました。一時期ラインナップから消滅していたMT車の復活に、SNSなどでは称賛の声が寄せられています。

まさかのMT復活に称賛の嵐!

 スズキは2023年11月13日、軽ハイトワゴン「ワゴンR」の改良を実施して24日に発売すると明かしました。
 
 一時期ラインナップから消滅していた5速MT車が復活するということもあり、SNSなどでは多くのユーザーが話題にしています。

「MTワゴンR」復活に無数の称賛
「MTワゴンR」復活に無数の称賛

 ワゴンRは1993年に登場した軽ハイトワゴンで、当時の軽乗用車はいわゆる軽セダン(ハッチバック)が標準的だったなか、高い全高による広大な室内空間を実現したことが支持されました。

 登場直後より、またたく間に人気車となりベストセラー化。スズキを代表するモデルへと成長し、軽ハイトワゴン市場を創出するクルマとなりました。

 現行型は6代目で2017年2月に登場しました。

 新プラットフォーム「ハーテクト」の採用による軽量化・高剛性化を図るとともに室内空間を拡大し、使い勝手を向上。さらに、マイルドハイブリッドの設定や先進運転支援機能「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用するなど、安全性能も高めました。

 なお、現行型のラインナップには当初MT車の設定はなかったものの、同年8月にベーシックグレード「FA」(後に中間グレード「FX」へと変更)に5速MT車を追加。フロアシフトと手引き式サイドブレーキを装備しています。

 しかし、2023年10月に価格改定と法規対応に伴う一部仕様変更を実施しており、このときに5速MT車の設定がなくなりました。

 そして今回、約1ヶ月ぶりにFXグレードに5速MT車が復活。廃止前と同様に、2WDと4WDどちらも用意されます。

 価格(消費税込)は2WD車が129万4700円、4WD車が141万7900円で、従来モデルよりも7万7000円の値上げとなっています。

 そんなワゴンRのMT車復活について、SNSなどでは多くのユーザーが話題にしており、さまざまなコメントが投稿されています。

「ワゴンRのMT復活はアツい!」「MT復活は歓迎したいし応援もしたい」「貴重な軽のMT車だけに、いつまでも残ってほしいです」「安いコンパクトMTは少ないから、ユーザーの選択肢が増えるのは良いこと」「一般車のマニュアルをまだ販売してくれるスズキ好き!」「やるなスズキ」など、MT車の復活を喜ぶだけでなく、スズキに対して称賛とも取れるコメントが数多く寄せられました。

 また、「ワゴンRにMTなんてあるんだ…」「今度のワゴンRにもMTの設定があるのか」と、ワゴンRにMT車の設定があること自体に驚く人も少なくないようです。

 さらに、「MT車を望むユーザーも一定数いる事を忘れないでもらいたい」「MTしか乗れないという人も多いし、そうした人達には欠かせないグレード」「私の73歳になる母は無類のAT嫌いです。ブレーキを離すと勝手に動くのが嫌だと」「MT車のほうが踏み間違いも少なそうだよね」と、貴重なMT車の存在意義について議論を交わす人も見られました。

【画像】超カッコイイ! スズキ「ワゴンR」を画像で見る(36枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 「【画像】超カッコイイ! スズキ「ワゴンR」を画像で見る(36枚)」
    って言っといて今回実際販売されるモデルの画像はたった3枚ってアリなの

  2. 18頁掲載の5代目で、17頁掲載の4代目の色のスティングレイに乗っております。
    6代目の後部座席ウインドウガラスのデザインが全く好みではなく、買いたいとは全く思いません。
    何とかならないんかな。。。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー