日産が新型「高級セダン」初公開! 斬新“黄金に光るグリル”採用! キラキラ感が美しすぎる「Vision Qe コンセプト」登場

2023年10月24日、日産が海外で展開する高級ブランド「インフィニティ」は、新型「Vision Qe コンセプト」を初公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

インフィニティ新型「Vision Qe コンセプト」初公開

 2023年10月24日、日産が海外で展開する高級ブランド「インフィニティ」は、日本・東京でブランドの電動化の未来を指し示す新型「Vision Qe コンセプト」を初公開しました。

黄金に煌めく! インフィニティ新型「Vision Qe」
黄金に煌めく! インフィニティ新型「Vision Qe」

 新型Vision Qe コンセプトは同車初のEVで、ファストバックセダン。

 同車について、インフィニティは「インフィニティの進化したデザイン言語を体現し、同社初の全電気セダンの雰囲気を決めるものです」と説明します。

 そのエクステリアは、モダンなジャパニーズラグジュアリーにインスピレーションを得たといい、芸術的なディテールとフロントからリアに流れるようなデザインジェスチャーを融合させています。

 滑らかで空気力学的に優れたファストバックセダンのプロポーションは、優雅な雰囲気を醸し出します。

 フロントには、EV時代に向けて再考されたというインフィニティ特有のなダブルアーチ型グリルを採用。明るいLEDで外形を照らしその存在感を強調しています。

 また、「デジタル ピアノ キー」がフロントとリアに配され、鮮やかなゴールドの色合いで輝きます。

 さらに、最近発表されたインフィニティの立体エンブレムが、フロントフェイス中央にあしらわれ放射状に輝きます。

 シャープなヘッドライトが車幅いっぱいに広がり、新型Vision Qe コンセプトの全幅を強調しています。

 これらの灯火類は、オーナーが鍵を持ってクルマに戻ってくると優雅に歓迎するかのように光り輝き、思いやりのある“おもてなし”の演出が行われます。

 また、ボディカラーは、特注のシャドウブルーで、このゴールドの照明を引き立てます。

 足元には、電気モーターのコイルからインスピレーションを得た、印象的な幾何学模様を特徴とする大きなホイールを装備。アクセントに施されたあたたかみのあるゴールドの処理が、豊かなブルーのボディカラーとコントラストを成しています。

 新型Vision Qe コンセプトについて、インフィニティのグローバルデザイン担当シニア バイスプレジデント「アルフォンソ アルバイサ」氏は次のように述べています。

「動きのある芸術性に関するインスピレーションを追い始めたとき、私たちは優雅さと力強さで舞い上がる表現である『翔』という日本の表現を再発見しました。

 私たちのデザイナーは、私には飛んでいる鳥を抽象化したように見える形を作り始めました。

 滑らかで控えめなフォルムと、テーパー状でありながら力強いリアフェンダーの組み合わせが、楽な動きと力強い目的を表現しています。」

 新型Vision Qe コンセプトは、2023年11月に日産のグローバル本社で展示されるようです。

【画像】めちゃカッコイイ! 黄金に輝くインフィニティ新型「Qe」を画像で見る(19枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

7件のコメント

  1. 紙面ではいくらでも書ける。形にしてから

  2. コンセプトカーばかりで、実際に販売できない。期待をさせるだけさせて裏切ってることを日産のおえらいさんには考えてほしい。フーガの新車もどれだけ待たされて、期待させられたことが。。マジでキレてます。

    • じゃあ過去のモーターショーのコンセプトカーを見てみたら?こんなボロクソ発言は意味がないと思います。

    • 君コンセプトカーって知ってる?まだ市販車になるまで開発中のことだよ。

  3. 昔はトヨタ車ばかり乗っていたが、ある日、日産のエルグランドに乗ってから 日産しか乗っていません。

    車種は少なくとも、良い車を作って行ってほしい。期待しています。

  4. 座薬みたい

  5. エッセンス・・・出して(´ω`)

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー