ホンダ 新型「高級3列シートSUV」登場! 伝統の「RS」グレードも設定! スポーティさと“実用性”両立した新型「CR-V」をNZで発売

2023年10月18日、ホンダのニュージーランド法人はミドルサイズSUVの新型「CR-V」を発売しました。一体どのような特徴があるのでしょうか。

スポーティな新型「CR-V」が発売!

 ホンダのニュージーランド法人(以下、ホンダ)は2023年10月18日、ミドルサイズSUVの新型「CR-V」を発売しました。

ホンダ新型「CR-V」
ホンダ新型「CR-V」

 CR-Vは1995年に初登場した、ホンダの主力となるグローバルモデルのクロスオーバーSUVで、先代である5代目モデルまでは日本でも販売がおこなわれていました。

 現行モデルは歴代で6代目となり、2022年7月から世界各国の市場で順次販売が開始されていますが、2023年10月下旬現在、日本では販売されていません。

 今回発売された新型CR-Vは、洗練されたダイナミックなエクステリアと、スポーティで上質なインテリアを高次元に融合したもので、その内部には信頼できる高い品質と安全性、滑らかで快適な乗り心地を調和させています。

 新型CR-Vには2つの異なる動力源が用意され、2リッターエンジンにクラス最高出力の電気モーターを組み合わせた最新ハイブリッドシステム(e:HEV)仕様の「RS」グレードと、1.5リッターのターボエンジンを搭載した「スポーツ」グレードの2タイプのパワーユニットをラインナップ。

 乗車定員は5人(2列シート仕様)あるいは7人乗り(3列シート仕様)が選択可能で、どちらもファミリーユースに十分な車内スペースや、日常生活での使用に役立つ高い実用性を備えます。

 さらに最新世代のHondaコネクトなどのハイテク機能も採用されており、スマートフォンひとつあれば車内の温度を確認・調整したり、ヘッドライトを消灯することも可能です。

 ホンダニュージーランドのマネージングディレクター園田伸也氏は、今回の発表について以下のように述べています。

「現在、第6世代にまで進化した新型CR-Vは、ニュージーランドにおけるSUVの真の先駆者であり、同車は数十年にわたってSUVのナンバー1あるいはナンバー2の地位を確立しています。

 思えば初代CR-Vは1995年に日本で発売された後、1996年にニュージーランドで初となる海外販売がおこなわれました。

 新型CR-Vのe:HEVによる刺激的な走行は、すべてのユーザーにとって妥協のない体験をもたらしてくれるでしょう」

※ ※ ※

 新型CR-Vの現地の車両価格は、ターボエンジンを搭載した「スポーツAWD」グレードの5万3000NZドル(約463万円)から、e:HEVを搭載した「RS」グレードの6万7000NZドル(約586万円)までです。

ホンダ・CR-V のカタログ情報を見る

【画像】カッコいい! 迫力すごいホンダ新型「CR-V」を画像で見る(73枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー