精悍グレーがカッコイイ! “新”「高級SUV」発売! 豪華「ブラック内装」装備+安全性向上のプジョー「3008/5008」限定車登場

ステランティスジャパンは2023年10月19日、プジョーブランドのSUV「3008」および「5008」に限定車「GT Executive Edition」を設定し、同日より発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

ナッパレザーを装備し質感を向上

 ステランティスジャパンは2023年10月19日、プジョーブランドのSUV「3008」および「5008」に限定車「3008/5008 GT Executive Edition(以下エグゼクティブエディション)」を発表し、同日に発売しました。
 

プジョー「3008/5008 GT Executive Edition」(画像は3008)
プジョー「3008/5008 GT Executive Edition」(画像は3008)

 プジョー3008はCセグメントSUVで、現行モデルは2代目です。日本では2016年5月に登場しました。

 エクステリアは直立したフロントフェイスと大型グリル、高いウエストラインとワイド感のあるプロテクターなどを採用、Aピラーからリアスポイラーまでをブラックとすることで、本格的なSUVらしさと精悍さを感じさせるデザインとなっています。

 また、新世代のプラットフォーム「EMP2」の採用による軽量化や、タッチスクリーンなどをはじめとする「i-コックピット」の採用、衝突被害軽減ブレーキなどを装備することで、先進・安全性能も高めています。

 一方で、5008は3008と同じプラットフォームを持つ兄弟車で、現行モデルは2017年9月に発売。

 3008と比べホイールベースが165mm延長され、3列シートを持つことが特徴となっています。

 今回設定されたエグゼクティブエディションは、ともにガソリンモデルの「GT」グレードがベースで、特別な内装と装備の充実を図っています。

 パワートレインは最大出力180馬力・最大トルク250Nmを発揮する1.6リッターガソリンターボエンジンに8速ATを組み合わせています。駆動方式はFFのみとなっています。

 インテリアはなめし加工を施したブラックのナッパレザーシートを装備。キルティング加工により、上質感を高めるとともに、フロントシートヒーターや運転席パワーシートを装備しています。なお、5008では3列目シートまでナッパレザーとなっています。

 機能装備では、前後左右の状況を確認できるフロントカメラ付き360°ビジョンを特別装備し、安全運転をサポートします。

 なお、エクステリアカラーはエグゼクティブエディション専用のアルタンスグレーを設定し、精悍なデザインを強調しています。

 3008/5008エグゼクティブエディションの価格(消費税込)は、それぞれ566万6000円、605万6000円です。

 ともに120台限定で、全車右ハンドルのみの設定です。

プジョー・3008 のカタログ情報を見る

プジョー・5008 のカタログ情報を見る

【画像】めちゃカッコイイ! プジョー「3008/5008」を画像で見る(36枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. “めちゃカッコイイ! ”とか“めちゃ”とか“すげぇ! ”のワード使用やめませんか?見出しにその文言があると記事全部が幼稚に思えて読む気しなくなります、書いてる人のセンスや知能が低すぎて読み手を小馬鹿にしてる感じを与えます

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー