横浜ゴムがジャパンモビリティショー2023に出展 「ヨコハマが創る未来のタイヤ」がテーマ

横浜ゴムは2023年10月17日、「JAPAN MOBILITY SHOW(ジャパンモビリティショー)2023」に出展すると発表しました。

EV対応技術やサステナブル技術などを紹介

 横浜ゴムは2023年10月17日、東京ビッグサイトで10月26日から11月5日(一般公開は10月28日から)に開催される「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー)」に出展すると発表しました。

横浜ゴムブースのイメージ
横浜ゴムブースのイメージ

 同社はジャパンモビリティショーにおいて「ヨコハマが創る未来のタイヤ」をテーマに、開発中の先進技術と、EV対応技術やサステナブル技術などを紹介するとしています。

 先進技術ではCASE、MaaSなどモビリティ需要の変化を見据えた技術として、センシング機能を搭載したセンサータイヤテクノロジー、広い車室や低床化に対応する高負荷小径タイヤ、パンクしにくいタイヤを目指すセルフシールタイヤなどを紹介予定とのことです。

 また、空力をコントロールしクルマの性能向上に貢献するエアロダイナミクスフィンタイヤ「ADVAN A50」を参考出品するほか、スポーツモードとコンフォートモードを切り替えられる未来のスポーツタイヤコンセプトを初披露するとしています。

 EV対応技術では今秋から欧州を皮切りに発売するEV専用ウルトラハイパフォーマンスサマータイヤ「ADVAN Sport EV(アドバン・スポーツ・イーブイ)」を初展示するほか、EVや大型SUVなど車両の高重量化に対応するHLC(ハイロードキャパシティ)についても紹介を予定。

 サステナブル技術では今年から「全日本スーパーフォーミュラ選手権」に供給しているサステナブル素材約33%活用タイヤなどを中心に展示し、材料やタイヤなどの設計にAIを活用する当社独自のAI利活用フレームワーク「HAICoLab(ハイコラボ)」も紹介するとのことです。

 同社ブースの出展位置は、東京ビッグサイト東展示棟東2ホール。イベント開催期間中はヨコハマタイヤサイトの「ジャパンモビリティショー2023」特設サイトでも同社ブースの展示内容を紹介するとしています。

【画像】JMS2023で初展示される「ADVAN Sport EV(アドバン・スポーツ・イーブイ)」の画像を見る

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー