日産が「斬新モデル」を世界初公開へ! 存在感ある「ガルウイングドア」採用SUVも登場! 間もなくお披露目へ

2023年10月3日、日産は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー2023)」出展概要を発表しました。

コンセプトカー第1弾は「アーバン」なSUV!?

 日産は2023年10月3日、10月28日から一般公開予定の「JAPAN MOBILITY SHOW 2023(ジャパンモビリティショー2023)」出展概要を発表しました。
 
 会場では複数のEVコンセプトカーが登場する予定です。

日産のEVコンセプトカー 第1弾となる「ニッサン ハイパーアーバン」
日産のEVコンセプトカー 第1弾となる「ニッサン ハイパーアーバン」

 1954年の第1回開幕以来、これまで全46回にわたって開催されてきた自動車の見本市「東京モーターショー」が、装いも新たにジャパンモビリティショー2023(以下、JMS2023)に生まれ変わります。

 JMS2023の会期は2023年10月26日から11月5日まで(一般公開は10月28日から)で、東京ビッグサイト(東京都江東区)を中心に開催されます。

 自動車業界の枠を超えて、他産業やスタートアップ企業なども参画し、東京モーターショーを上回る400社以上が出展・参加する予定です。

 開催を目前に控えた日産は、そんなJMS2023の出展概要を発表するとともに、特設のウェブサイトを公開しました。

 日産の特設ウェブサイトに掲げられたテーマは「さあ、未来にもっとワクワクを」。

 最新のEV(電気自動車)コンセプトカーや先進技術をインタラクティブなブースで展示するとともに、移動と社会の可能性を広げる電動化技術やさまざまな取組みをリアルとバーチャルが融合した世界で体感できるようにし、日産が目指すワクワクする未来の姿を示すといいます。

 まずEVコンセプトカーの第1弾として、10月3日には「ニッサン ハイパーアーバン」を先行公開しました。

 日産によると、環境や社会課題への意識が高く、今あるものを大切に使い続ける持続可能なライフスタイルを追求しながら、都市や郊外といった場所を問わずにアクティブに活動するユーザーに向けたクロスオーバーEVだと説明します。

 また象徴的なユーザーをイメージしたキャラクターも設定され、今後キャラクターがクルマと過ごすシーンも紹介される予定です。

 日産の特設サイトではすでに4人のキャラクターが揃っており、そのうちの1人が10月3日に公開されたニッサン ハイパーアーバンのページにも登場しています。

 郊外で小さなレストランを営むシェフのTim氏とあり、キャラクターのプロフィールも紹介されています。

 残りの3名のうち大柄な男性1名のほか女性が2名で、それぞれ個性的な衣装をまとっており、今後発表される各コンセプトモデルのキャラクターと見られます。

 なおニッサン ハイパーアーバン以外に出展される複数のEVコンセプトカーと新たな取組みについては、10月10日、17日、19日と順次発表される予定としています。

※ ※ ※

 またJMS2023ニッサンブースでは、同社の創立90周年を記念し、「リーフ」「サクラ」「エクストレイル」「セレナ」「キックス」「ノートオーラ」各モデルの特別仕様車を出展します。

 フロントグリルやドアミラーにカッパー(銅)色のアクセントを施し、専用のアルミホイールやシート素材などを採用することで90周年の特別感を演出したもので、いずれも参考出品車となります。

 加えてブースでは「GT-R NISMO Special edition」や「フェアレディZ NISMO」「スカイライン NISMO」などの市販モデルやフォーミュラEレーシングカーなどが展示されます。

 そのほか、電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」の走りを体感できる「ドライビングシミュレーター」や、フォーミュラEの加速を感じながら自身の写真が撮れる「パワーセルフィ―」などの体感型コンテンツが用意される予定です。

【画像】めちゃカッコいい! これが日産の斬新コンセプトカーです(50枚以上)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント