え? トヨタ新型「アルヴェル」のデザイン、もう変更!? 運転時に見える場所に革新アリ! トヨタ初の試みとは

トヨタとKINTOが展開する「KINTO FACTORY」では、「独自のメーターデザインを追加するソフトウェアアップグレード」を2023年9月27日から開始しました。

独自のメーターデザインをソフトアップグレードで追加! トヨタ初、第1弾は新型アルファード・ヴェルファイア

 2023年9月27日にトヨタとKINTOが展開する「KINTO FACTORY」にて、2023年6月に発売された新型「アルファード」、新型「ヴェルファイア」のあるデザインが変えられるサービスが開始されました。
 
 どこの部分のデザインが変えられるのでしょうか。

新型になった「アルファード」(左)と「ヴェルファイア」(右)
新型になった「アルファード」(左)と「ヴェルファイア」(右)

 2023年9月27日にトヨタとKINTOが展開する「KINTO FACTORY」にて、「独自のメーターデザインを追加するソフトウェアアップグレード」を開始しました。

 従来、クルマのメーターデザインは開発に決められたものが設定されています。

 最近では走行モードに応じて変化するものもありますが、基本は決められたデザインとなっているのがほとんどです。

 そんな中、今回KINTO FACTORYにて、納車時点では設定されていないメーターデザインをソフトウェアアップグレードで追加出来るようになったと言います。

 このメーターデザインの追加はトヨタ初のサービスで、第1弾として、2023年6月に発売された新型「アルファード」、新型「ヴェルファイア」から開始し、今後、他の車種でも展開していく予定です。

 なお、新型アルファード/ヴェルファイアでは、既定のメーターデザインとして「Casual」「Smart」「Tough」「Sporty」の4種類が設定されており、画面の操作を通じて、それぞれのデザインに切り替えられます。

既定のメーターデザインとして「Casual」「Smart」「Tough」「Sporty」の4種類が設定されている
既定のメーターデザインとして「Casual」「Smart」「Tough」「Sporty」の4種類が設定されている

 今回のソフトウェアアップグレードでは、既定の4種類に加えて、新たな独自のメーターデザインとなる「Classic Gear」と「Metallic」の2種類を追加。

「Classic Gear」はギアのギミック感やレトロ感が楽めるもので、「Metallic」はシンプルな高級感を徹底的に追求しているデザインが特徴です。

 これらのデザインは、ユーザー自身が販売店に車両を持ち込んだうえで、車両に搭載されているソフトウェアをアップグレードすることにより追加されます。

 なお今後の展開についてKINTOは、「ソフトウェアアップグレードによるメーターデザインの追加はトヨタとして初めてのサービスで、今回、第1弾として、アルファード・ヴェルファイアの2車種からご提供を始め、お客様の反響も踏まえながら、今後、他の車種でも順次展開していきます」と説明しています。

※ ※ ※

 今回のデザイン追加の価格は「Classic Gear」「Metallic」の2種類をセットで9900円(税込み)としています。

 なお今回のメーターデザイン追加に合わせて「KINTO FACTORY」のアイテムが拡充。

 ユーザーから要望のあった先代「ハリアー(60系)」向けに、人気を集めている本革ステアリングへの交換を設定。

 さらに先代「プリウス(50系)」にはブラインドスポットモニターの後付けを新たに設定しています。

【画像】「えっ…!」 どこが変わった? これはカッコいいデザイン! 変わったのはココです!(31枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー