斬新すぎる「ピクニックベンチ」搭載!? ミニ「クロスオーバー」オシャな限定車発売! 541万円から

「ミニ クロスオーバー」の限定車「ハイランド・エディション」が200台限定で販売されます。どのような特徴があるのでしょうか。

アウトドアを満喫できるミニクロスオーバー

 BMWの日本法人は2023年8月3日、「ミニ」ブランドの「ミニ クロスオーバー」の限定車として「Highlands Edition(ハイランド・エディション)」を設定し、発売しました。納車は、同月中旬以降を予定しています。
 
 ミニ クロスオーバーは、ミニの4番目のモデルとして2011年に誕生したプレミアムコンパクトSUVです。

ミニクロスオーバーの限定車「ハイランド・エディション」
ミニクロスオーバーの限定車「ハイランド・エディション」

 今回設定された限定車のハイランド・エディションは、「踏み出せ、雄大な日々へ。」をコンセプトに、スコットランドのハイランド地方に触発された特別なデザインと、ミニ 3/5ドアで人気の高いボディカラー「ルーフ・トップ・グレー」を纏い、パワフルなクリーンディーゼルエンジンを搭載しました。

 外観は、アースカラーが人気の外装色「ルーフ・トップ・グレー」を特別装備。また、フロントおよびリアのバンパー部分にマットシルバーの加飾が施される「ミニ ALL4」のエクステリアが装備され、SUVらしい力強くダイナミックなエクステリアを実現しています。

 ホイールは、大型の18インチピンスポークブラックを採用し、ピアノブラックのエクステリア、ハイグロスブラックのルーフレールなどのブラックパーツとともに、エクステリアをスタイリッシュに引き締めました。

 サイドスカットルは、ハイランド・エディション専用に開発されたハイランド地方の地図をモチーフとしており、運転席側と助手席側でデザインが異なる特別仕様となっています。

 電動パノラマガラスサンルーフや、ラゲッジスペースから簡単に引き出して使うことができる二人掛けのクッション付きシートMINIピクニックベンチが装備され、アウトドアを満喫できる仕様としました。

 シートにはレザレットカーボンブラック、ステアリングにはナッパレザーステアリングホイールを採用し、内装内張りはアンスラサイトとすることで、スポーティな室内空間を実現。ドアシルにはエクステリアと同様にハイランド・エディション専用デザインを用い、エクステリアとの一体感を持たせています。

 ハイランド・エディションは安全装備も充実しており、運転支援システムであるストップ&ゴー機能付アクティブクルーズコントロールや、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、視認性を高めるLEDデイライトリング、コーナリングライト付きLEDヘッドライト、LEDフロントフォグランプを標準装備。

 また、リアビューカメラ、パークディスタンスコントロール(フロント&リア)、縦列駐車をサポートするパーキングアシストなどを装備しました。

 さらに、iPhoneをMINIのセンターディスプレイに表示し、ナビゲーションやメッセージの送信などが可能になるスマートフォンインテグレーション(Apple CarPlay)や、MINI APP接続など、インテリジェントなコミュニケーション機能も多数装備しています。

※ ※ ※

 ミニ クロスオーバー ハイランド・エディションの価格(消費税込)は541万円から567万円。限定200台が販売されます。

【画像】えっ、荷室にベンチシートがある!? 斬新仕様の「ミニクロスオーバーの限定車」画像を見る(16枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー