なぜ「スライドドアの速度」変わる? トヨタ「アルヴェル」の「開閉が速くなる」アップデートとは 「1秒」の差が凄かった…

開閉が速くなると危なくないの? そこは純正クオリティだった?

 開閉スピードが速くなることで「危険性が増してしまうのでは?」という懸念に対しても配慮されています。

 開き始めるときと、閉まりきる直前は純正の速度と変わらないそうです。

 つまり途中のスライドしているときの速さが速くなることで時間短縮を行っています。

 開き始めや閉まりきるときは純正と同じということで、挟み込みなどの安全性を確保しているそうです。

 もちろん万が一の挟み込みがあった場合は純正と同じように開閉のストップなどがしっかり行われます。

 アップグレードしたことを示すステッカーを、スライドドアの注意表記のところに追加で貼ることで、車両を手放した場合でもわかるようになっているようです

 またこのパーツだけでなく他のアップグレードパーツを組み込んだ場合でも、アップグレードステッカーも貼られます。

 安全にも配慮しながらパワースライドドアの開閉速度がUPするこの商品は、両側とも速くすると1万9800円(税込・工賃込み)、助手席側だけ速くすると1万4300円(税込・工賃込み)でアップグレード可能です。

 運転席側のスライドドアは標準のままで、助手席側のスライドドアだけ速くするということができるのは、選択肢が広がって良いかもしれません。

 なおKINTO FACTORYの対象は「KINTOのサブスクサービスの契約車両」と「通常の購入方法で購入した車両(既販車)」となってます。

ココに違いが! 左右で開閉差を付けたスライドドア。閉まる隙間に違いが分かる!
ココに違いが! 左右で開閉差を付けたスライドドア。閉まる隙間に違いが分かる!

 アルファード・ヴェルファイア用にはこの他に、運転席側が手動のスライドドアのグレードに、後付け右側パワースライドドアという商品。

 さらには、後付けブラインドスポットモニターという安全装備を追加する商品もあります。

 現在トヨタ・レクサスの多くの車両に対して商品展開をしている最中だと言います。

 今後もユーザーの反応を見ながら追加できる商品を開発していくそうなので「こんな機能が欲しい」というリクエストをしてみても良いかもしれません。

 純正パーツを使い純正クオリティで機能がアップするという、アフターパーツにはない純正パーツだからこそできるアップデートです。

【画像】 写真でも「1秒の違い」分かる! その差に感動する様子を見る!(32枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー