“アルファード”顔のトヨタ「最大級ミニバン」実車展示! グリルの大きさはアルファード超え!? ド迫力顔がスゴイ中国「シエナ」が登場

トヨタは、米国や中国などで“全長5mを超える”ミニバン「シエナ」をラインナップしていますが、トヨタと中国・広州汽車の合弁会社「広汽トヨタ」は、そんなシエナのカスタムショーの動画を同社のSNSで公開。これを見ると出展車の中に、広がりに広がった新型アルファードの大型グリルをも超える迫力あるグリルを装着したシエナがあるようです。どのようなモデルなのでしょうか。

アルファード顔のトヨタ「最大級ミニバン」?

 日本でトヨタのミニバンといえば「アルファード」や「ノア/ヴォクシー」「シエンタ」などを連想しますが、米国など海外では“全長5mを超える”大型のミニバン「シエナ」が展開されています。
 
 中国もシエナが販売される地域の1つですが、トヨタと広州汽車の合弁会社「広汽トヨタ」は、そんなシエナのカスタムショーを開催し、その様子を同社のSNSアカウントで公開。
 
 これを見ると出展車の中に、広がりに広がった新型アルファードの大型グリルをも超える大きさの迫力たっぷりなグリルを装着したシエナがあるようです。

なにこれ! トヨタ最大級ミニバン「シエナ」のカスタムモデル
なにこれ! トヨタ最大級ミニバン「シエナ」のカスタムモデル

 シエナは、1997年に北米市場でデビューしたラージサイズミニバン。3代目までは北米市場向けに展開されていましたが、現行の4代目はカナダ、メキシコ、台湾、韓国など様々な地域にも輸出されており、さらには米国のほか中国でも現地生産されているなど、幅広く展開されるグローバルモデルへと進化しました。

 販売地域を拡大したシエナではありますが、残念ながら日本には正規導入されていません。一部の並行輸入車業者が先代モデルを輸入し販売しているのが確認できますが、現行モデルの販売は確認できません。

一方、2022年にトヨタが日本で登録した4代目シエナがトヨタの展示施設「トレッサ横浜」や「カラフルタウン岐阜」で参考出展されたほか、ソフトバンク先端技術研究所が日本で行った「自動運転のレベル4の解禁に向けた実証実験」に4代目シエナを用いており、日本のナンバーを付けた4代目シエナも複数目撃されています。

 中国で販売される4代目シエナのボディサイズは全長5165mm×全幅1995mm×全高1765mm、ホイールベース3060mmで、日本のアルファード(全長4995mm×全幅1850mm×全高1935mm)よりも一回り大きいサイズ。

エクステリアは巨大ながらシャープでスポーティなデザインで、インテリアも広大な車室空間を生かした上質な仕上がりです。

 パワートレインは、システム最高出力は246馬力を発揮する2.5リッター直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッド。これに組み合わせるトランスミッションは、E-CVTとなっています。

中国での販売価格は、30万9800元(約606万円)からです。

 そんなシエナのカスタムカーショーが、中国で開かれたようで、「広汽トヨタ」はその様子をリポートする動画を、同社のSNSアカウントで公開しています。

 その中で紹介されたのは、歴代モデルを通して拡大し続けている新型アルファードの大型グリルをも超える大きさのグリルを装着したシエナです。ヘッドライトまで食い込んだグリルやバンパーの左右に配された開口部がさらに、アルファードを想起させます。

 ヘッドライト同士の間は緑のクリアパーツがあしらわれ、上質感を高めています。

※ ※ ※

 シエナのカスタムショーでは、このクルマ以外にも様々なシエナが展示されました。中にはレクサスでお馴染みの“スピンドルグリル”風大型グリルを装着したシエナもあり、中国のカスタム文化を感じることができます。

【画像】”デカすぎグリル”がカッコイイ! アルファード顔のトヨタ「シエナ」を画像で見る(42枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. デザインの好みは人それぞれですね。これをカッコイイと言う人もいれば、これ見よがしと思う人もいるのでしょう。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー