横浜ゴムがアジアクロスカントリーラリーに参戦する「チーム三菱ラリーアート」に「GEOLANDAR」を供給開始

横浜ゴムは、アジアクロスカントリーラリーに参戦する「チーム三菱ラリーアート」に「GEOLANDAR」を供給すると発表しました。

チーム三菱ラリーアートは連覇目指す

 横浜ゴムは2023年7月26日、同年8月13日から19日に開催される予定のアジア最大のクロスカントリーラリー「アジアクロスカントリーラリー(以下、AXCR)」に参戦する「チーム三菱ラリーアート」に、同社のSUV・ピックアップトラック用マッドテレーンタイヤである「GEOLANDAR M/T G003(ジオランダー・エムティー・ジーゼロゼロサン)」を供給すると発表しました。

GEOLANDAR M/T G003(ジオランダー・エムティー・ジーゼロゼロサン)
GEOLANDAR M/T G003(ジオランダー・エムティー・ジーゼロゼロサン)

「チーム三菱ラリーアート」は、タイのタント・スポーツが運営するプライベートチームで、三菱自動車工業が技術支援。「チーム三菱ラリーアート」は、昨年も「GEOLANDAR M/T G003」を装着して総合優勝を果たしており、今回2連覇を目指すとのことです。

 昨年はAXCR初出場で三菱自動車工業の世界戦略車の1トンピックアップトラックである「トライトン」3台で参戦し、総合優勝と5位入賞を果たしました。今年は新型「トライトン」T1仕様(改造クロスカントリー車両)3台で参戦し、昨年の覇者であるチャヤポン・ヨーター選手、5位入賞したリファット・サンガー選手に加えて、新たに田口勝彦選手がドライバーを務める予定です。なお、横浜ゴムは本レースにおいて各国から参戦するさまざまなチームをサポートするとのことです。

 同社が供給する「GEOLANDAR M/T G003」は、あらゆるオフロード路面で高い走行性能を発揮するとともに、優れたロングライフ性能を追求し、オフロード感を強調したたくましくアグレッシブなデザインを実現。「GEOLANDAR M/T G003」をはじめとした「GEOLANDAR」シリーズはモータースポーツで活躍しており、アジアや北米、メキシコなどの過酷なオフロードレースで輝かしい戦績を残しているといいます。

「AXCR」は1996年からスタートしたダカールラリーと同格式で行われる国際自動車連盟(FIA)公認レースです。近年はタイを出発点として、アジア各国の山岳部やジャングル、海岸、プランテーション、サーキットなどを舞台にし、毎年コース設定、通過国を変更。今年はタイを出発点とし、ラオスまでの約2000kmを走るとのことです。

 横浜ゴムは、2021年度から2023年度までの中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財事業において、高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN(アドバン)」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR」、そして「ウインタータイヤ」の販売構成比率最大化を掲げ、2023年は「泥試合」と位置づけGEOLANDARブランドの新商品の投入、サイズ拡大を加速させているとしています。

 また、モータースポーツ活動を技術開発および「ADVAN」「GEOLANDAR」ブランド強化の場と位置付け、トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦しているとのことです。

【画像】新型トライトンの画像を見る(11枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー