アンダー160万円! 全長3.7mのスズキ「小さなSUV」が色々凄い! 地上高180mm誇る「イグニス」とは

スズキは、コンパクトカーとSUVを融合させたコンパクトクロスオーバー「イグニス」を2016年2月18日に発売しました。全長3.7mのSUVとはどのようなモデルなのでしょうか。

スズキの小さなSUVってなに?

 昨今、定番のボディタイプとなっている「SUV」ですが、世の中には「セダン×SUV」、「軽自動車×SUV」というように様々なボディタイプが存在します。
 
 そんな中「コンパクトカーとSUV」を融合させたコンパクトクロスオーバーのスズキ「イグニス」とはどのようなモデルなのでしょうか。

全長3.7mのコンパクトモデル! スズキ「イグニス」とは
全長3.7mのコンパクトモデル! スズキ「イグニス」とは

 イグニスは、2016年2月18日に発売されたモデルで、日本発の新ジャンルのコンパクトクロスオーバーとして、欧州をはじめ海外でも展開されています。

 コンセプトは、日常で便利に使えるだけでなく、週末にはアウトドアをはじめとした余暇の行動範囲を広げる「使い勝手の良いスタイリッシュなコンパクトクロスオーバー」として誕生しました。

 エクステリアは、ボディ四隅にタイヤを配置することでクロスオーバーとしての力強さを表現する他、シンプルな線と面の構成によって質感の高さも付与しています。

 インテリアは、円筒形状を用いたエアコンパネルなどの機能パーツをインパネから独立して配置したことに加えて、コントラストの強い配色により個性的な空間を演出しました。

 イグニスのボディサイズは、全長3700mm×全幅1660mm、最小回転半径4.7mを実現することでコンパクトカーならではの運転しやすいモデルです。

 さらに前席ヒップポイントを615mmと高めに設定したことで、アイポイントが高くなり見晴らしの良いパッケージングを実現しました。

 またゆとりある最低地上高180mmに加え、アプローチアングルやデパーチャーアングルを大きく取ることで雪道や荒れた道でも安心して走行できる余裕のロードクリアランスを確保。

 パワートレインは、全車に1.2リッターマイルドハイブリッドを搭載し、カタログ燃費(WLTCモード)は19.0km/Lから19.8km/Lを誇ります。

 また4WD仕様には、走破性能と燃費効率の良い走りを両立するビスカスカップリング式の4WDシステムを採用する他、「ヒルディセントコントロール」や「グリップコントロール」などの機能も搭載しています。

 直近では2021年9月7日に一部改良を実施しエクステリアや快適機能などを刷新しました。

 そんなイグニスについて、SNSでは「イグニス、かわいい」、「このデザインで最低地上高180mmとか、遊びに良いかも」といった声が見られていました。

 また、いくつかのスズキ販売店では次のように話しています。

「イグニスは個性的で遊び心あるデザインや、運転のしやすさが好評です。さらに全長3700mmですが、リアシートのスライド幅が大きいなど使い勝手でも支持されています」(関東地方の販売店A)

「スズキではコンパクトSUVとして、イグニスをはじめクロスビー、ジムニーシリーズ、エスクードなど幅広いラインナップを誇ります。なかでもサイズが小さいイグニスは運転に不慣れな初心者などに人気です」(関西地方の販売店B)

「イグニスはスズキの中でも小さなモデルですが、悪路走破性はそれなりなこともあり、セカンドカーとして検討される人がおります」(東北地方の販売店C)

※ ※ ※

 イグニスの価格は、「HYBRID MG(2WD・CVT)」の161万1500円から「HYBRID MF 全方位モニター用カメラパッケージ装着車(4WD・CVT)」の205万9200円です。

【画像】えっ…! 小さすぎじゃない? 全長3.7mのSUVを写真で見る!(11枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. ビスカスカップリング式の四駆なんて、四輪がしっかり駆動しないから、四駆と呼ぶべきかためらう。
    実際、本格的な四駆ではどれも採用していないわけだし。
    ビスカスカップリング式の四駆じゃ、デフロックも付ける意味もなさそうだし、この程度の四駆にどの程度お金を払っていいかと言われたら、ほとんど払う気にならない。ビスカスカップリング式の四駆なら二駆でもたいして変わりないだろうから、二駆でもいいかなって思うよ。

  2. フロントに比べて、リアのデザインがもうちょっとどうにかならなかったのか…

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー