横浜ゴムのグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN」装着車がSUPER GT第2戦GT300クラスで優勝!

横浜ゴムは、グローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN」装着車がSUPER GT第2戦GT300クラスで優勝したと発表しました。

0.579秒差! 僅差のバトルを制しポール・トゥ・ウイン

 横浜ゴムは、同社のグローバルフラッグシップタイヤブランドである「ADVAN(アドバン)」装着車が、2023年5月3日から4日に富士スピードウェイ(静岡県小山町)で開催された国内最高峰のツーリングカーレース「2023 AUTOBACS SUPER GT」第2戦のGT300クラスでポール・トゥ・ウインを達成し、優勝したと発表しました。「ADVAN」装着車の優勝は、開幕戦に続くもので、2連勝となります。

優勝した「リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R」
優勝した「リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R」

「ADVAN」ブランド45周年となる本年は、「ADVAN」最大化への挑戦「ADVAN CHALLENGE」のテーマの下、「SUPER GT」GT300クラスでのADVAN装着車による2年連続のシリーズチャンピオンを目指しており、今回のレースでもその高い性能で勝利を支えたといいます。

 優勝したのは2022年シーズンも「ADVAN」と参戦し、GT300クラスのシリーズチャンピオンを獲得したKONDO RACINGの「リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手/名取鉄平選手)」です。

 今大会は450km(100周)という距離で行われ、最低2回の給油を伴うピットインが義務付けられました。予選で1位を獲得しポールポジションからスタートした「リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R」はレース前半、オリベイラ選手が後続を引き離しトップを快走。61周目に2回目のピットインを行った時点では、他車の先行を許し実質の2位となりますが、最後のスティント(担当区間)を託された名取選手が、5秒以上あった差を70周ごろに1秒前後にまで縮める驚異的な追い上げを見せ、81周目にトップへ。その後はトップを譲らず、0.579秒差という僅差のバトルを制し、ポール・トゥ・ウインを果たしました。

 横浜ゴムは、2021年度から2023年度までの中期経営計画「Yokohama Transformation 2023(YX2023)」(ヨコハマ・トランスフォーメーション・ニーゼロニーサン)のタイヤ消費財事業において、高付加価値商品の主力であるグローバルフラッグシップタイヤブランド「ADVAN」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」、そしてウインタータイヤの販売構成比率最大化を掲げています。

 その中で、モータースポーツ活動を技術開発および「ADVAN」「GEOLANDAR」ブランド強化の場と位置付け、トップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦しているとのことです。

【画像】「ADVAN」タイヤで優勝を果たしたジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手と名取鉄平選手を見る(2枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー