ホンダ「S2000」に幻の「タイプR」仕様ついに登場!? マジで“実現”した「S2000R」米で発表

2023年4月、「Evasive Motorsports」はホンダのスポーツカー「S2000」に先代「シビック タイプR」のエンジンを換装した「S2000R」を発表しました。

「シビック タイプR」のエンジンで幻の「S2000 タイプR」をイメージ!

 2023年4月、米国にあるカスタムショップ「Evasive Motorsports」はホンダの人気スポーツカー「S2000」に、先代「シビック タイプR」のエンジンを載せたカスタムカー「S2000R」を発表しました。
 
 どのようなクルマなのでしょうか。

Evasive Motorsportsが作成した「S2000R」
Evasive Motorsportsが作成した「S2000R」

 S2000は、ホンダの創立50周年記念車として1999年に登場した、ホンダのオープンFRスポーツカー。ホンダ車のラインアップがほとんどFFシャシだった当時に、FRシャシを専用開発し採用、その他にもF20Cエンジンや6速MTといったあらゆる構成部品を新たに開発するなど、多くの情熱を注がれた名車です。

 そしてシビック タイプRは、ホンダ「シビック」をベースとしたスポーツ仕様モデル。現行の6代目は、世界有数のサーキットとして名高いニュルブルクリンクサーキット・北コースで、FF車最速のタイムを叩き出しています。

 今回の「S2000R」は、エンジンを先代シビック タイプRの「K20C1」に換装。トランスミッションには、カスタムした6速トランスミッションを組み合わせるほか、S2R インテークマニホール、チタンデュアルエキゾースト、EVSチューニングオイルクーラー、KOYOレーシングラジエーター、EVSチューニング大容量リアディファレンシャルハウジング、S2RスペックOS技研LSDが装備され、よりパワフルな走行を可能にしています。

 また、足回りも、S2R スペックKWクラブスポーツ車高調、S2R仕様サスペンションブッシュ、EVS バンパーステアキット/キャンバージョイント、アイバッハ F/R スタビライザーキット、S2R シャーシ ブレース、Brembo S2Rスペック フロント6ピストン/リア4ピストン ビッグブレーキキットが装備されています。

 エクステリアは近代的なデザインに再構築。ホンダ20周年記念バンパーや、S2Rカーボンフロントリップ、S2R ワイドフロントフェンダー、S2Rカーボンリアウイング、スプーンエアロミラー、CRタノカバー、ドライカーボンフード、ドライカーボントランクリッドが装備されよりスポーティな印象となっています。

 インテリアでは、至るところにアルカンターラが用いられるほか、レカロ製のカーボンシート、Motec M140 Ecu / C127 ダッシュ ディスプレイ、モモステアリング、NSX-R ホーンボタン、先代シビック タイプR シフトノブが装備され、こちらも古いクルマとは思えない仕様になっています。

※ ※ ※

 今回のカスタムについて、公式サイトでは「S2000のチューニングを20年間行った得た経験を活かし、自分たちの手でRバージョンを作成しようと考えました」と述べています。

 もともとホンダのタイプRは、ベース車の運動性能と動力性能を際立たせ、サーキット走行性能を追求した車両のこと。先の「シビック」以外にも「NSX」や「インテグラ」などに設定されています。

 しかし、S2000では専用のエアロパーツやサスペンションチューニングを施した「タイプS」モデルこそ出たものの「タイプR」モデルはとうとう発売されませんでした。

 今回のEvasive Motorsportsによる「S2000R」は、市場においてどのような反応を受けるのか。気になるところです。

ホンダ・S2000 のカタログ情報を見る

【画像】これはもう幻の「S2000タイプR」! ホンダ「S2000R」を画像で見る(100枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー