MTが約5割 「ロードスターRF」累計受注2300台突破 マツダ

マツダは2016年12月に発売した「ロードスターRF」の累計受注台数が、2017年1月23日時点で2300台を突破したことを発表しました。

ロードスターRF、累計受注2300台突破

 2017年1月26日(木)、マツダは2016年12月22日に発売した「ロードスターRF」の累計受注台数が、1月23日(月)時点で2385台になったことを発表しました。

 グレード別の受注構成比は、3グレードの中間にあたる「VS」が最も多く61%、ボディカラーでは、鉄の無垢感のような質感を表現したという「マシーングレープレミアムメタリック」が48%と最も多くなっているそうです。トランスミッション別ではATとMTが約5割ずつと、近年の国内で販売された新車全体における比率に比べ、MTの割合がとても多くなっています。

「ロードスターRF」は、屋根をオープンにした状態でも後部のピラー(柱)が残る「ファストバック」スタイルを採用した、「ロードスター」シリーズ最新のリトラクタブルハードトップモデルで、2016年11月10日に発表、予約を開始しました。

 なお、マツダは「ロードスターRF」の月間販売目標を250台としています。

【了】
提供:乗りものニュース

1 2

この記事の写真一覧

最新記事