“ヤンチャ”仕様なトヨタ「V12最上級セダン」が高価落札!? 大径ホイール装備&過走行な「旧式センチュリー」米にて出品される

北米のオークションサイト「Cars and Bids」に1997年製のトヨタ「センチュリー」が登場しました。少し“ヤンチャ”な仕様のセンチュリーのようですが、どのくらいの価格がついたのでしょうか。

ヤンチャなセンチュリーが国外のオークションで落札

 Cars and Bidsは、アメリカやカナダのクルマを扱うオークショニア。

 そんなCars and Bidsに、1997年製造のトヨタ「センチュリー」が登場。トヨタブランドのラグジュアリーカーとして知られている同車ですが、どのくらいの価格で落札されたのでしょうか

約300万円で落札されたトヨタ「センチュリー」(Photo:Cars and Bids)
約300万円で落札されたトヨタ「センチュリー」(Photo:Cars and Bids)

 センチュリーは、トヨタ最上級モデルとして1967年に登場した高級セダン。今回出品されたセンチュリーは、1997年製から2017年まで生産されていた2代目モデルです。

 パワートレインには、最大出力約279馬力・最大トルク約47kg-mを発揮する5.0リッターのV型12気筒エンジンと4速ATを組み合わせ搭載。駆動方法は後輪駆動です。

 純正ではない20インチのWALDホイールを装備しているほか、ブレーキキャリパーが赤く塗られ、少しスポーティな“ヤンチャ”カスタムが施されています。

 車体のカラーはホワイト。インテリアでは、各シートにシートヒーターが備え付けられているほか、リアシートにはマッサージ機能も搭載、ショーファードリブンカーらしい豪華な装備です。

 また、後部座席にはスモークガラスとカーテンが装備されており、プライバシーをガッチリガード。さらにドアやダッシュボートの各所には、上品な木製パネルが配されています。

 ハンドルは日本で走行していたときと同じく、右側。走行距離は12万3800kmとそれなりの距離を走っており、フロントバンパーには傷やへこみが残っています。

 それでも、今回のセンチュリーには2023年2月11日の取引成立まで35件の入札があり、最終的には2万2500ドル(約301万円)で落札されました。

 走行距離と年式を考えれば、国内よりはかなり高額で落札されたと言えるでしょう。このような事例が近年散見され、独特な雰囲気とV12エンジンと言う唯一無二の存在であるせいもあってか、国外にセンチュリーが輸出されていっているようです。

トヨタ・センチュリー のカタログ情報を見る

【画像】スポーティスタイルも意外とアリ!? 落札されたトヨタ「センチュリー」を画像で見る(66枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー