えっ! 軽なのに「4人で車中泊」可能!? ちいさな軽で「寝れる」! 「開閉できる屋根」とは

ホワイトハウスは「ジャパンキャンピングカーショー2023(JCCS2023)」に、コンパクトなサイズの中に最大で大人4名が就寝できる軽キャンパー3モデルを出展しました。

コンパクトな軽の可能性を3つのキャンピングカーで多面的に提案

 ホワイトハウス キャンピングカー事業部(愛知県名古屋市)は、2023年2月3日から6日まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された「ジャパンキャンピングカーショー2023(JCCS2023)」に、軽キャンパー3モデルを出展しました。
 
 ベースは、ホンダのコンパクトな軽バン「N-VAN」と、軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」ですが、最大で4名が就寝できる空間を有するといいます。

屋根の開口部を登ればそこにもさらに「寝床」が!? ホンダ「N-VAN」キャンパー「N-VAN COMPO “マリーンズキャンパー”」のインテリア
屋根の開口部を登ればそこにもさらに「寝床」が!? ホンダ「N-VAN」キャンパー「N-VAN COMPO “マリーンズキャンパー”」のインテリア

 ホワイトハウスのJCCS2023ブースには、ハイエースキャンパーをはじめ、初出展されたフィアット「デュカト」や、ホンダ「ステップワゴン」をベースとした新型キャンピングカーなど、多数のラインナップが出展されました。

 その中でも、同社で根強い支持を集める軽自動車ベースのキャンピングカーも、3モデルが一角を占めていました。

 コンパクトながら広い荷室を持つホンダの軽商用バン「N-VAN」をベースにした「N-VAN COMPO」は、その空間を最大限に活かしたモデルです。

 標準ルーフの「STYLE ONE」に加え、ポップアップルーフを備えた「POP Cabin」をベースにした限定車「マリーンズキャンパー」の2タイプが並びます。

 STYLE ONEは2名が就寝可能なベッドマットを中心に、壁面や後部に家具や炊事用シンクなどを効率的に配置したモデル。

 展示車には、センターピラーレスで大きく開放する助手席側に、専用のオリジナルプライバシーテントの居室空間を加え、寝室とリビングを分けた大型2ルームテントのような構成としているのが特徴です。

 小さな軽自動車でも、ここまで余裕あるキャンプが楽しめることを示しています。

 対するマリーンズキャンパーは、JCS2023会場である幕張メッセの隣りに本拠地「千葉マリンスタジアム」があるプロ野球球団「千葉ロッテマリーンズ」の特別架装を施したモデル。前回2022年のジャパンキャンピングカーショーでデビューしました。

 STYLE ONE同様に、室内にはベッドマットや家具などをコンパクトにレイアウトするとともに、屋根上には「ポップアップルーフ」を装備。テントを展開すれば、大人2名が就寝可能なベッドスペースが生まれます。

 ベッド用の床板を跳ね上げれば、室内側から大人が立ち上がることも可能です。

 室内の2名と合わせ、コンパクトな空間の中に4名の就寝定員を確保する効率の高さで、STYLE ONEとはまた違う軽キャンパーの良さをアピールします。

※ ※ ※

 そしてもう1台の軽キャンパーは、軽スーパーハイトワゴンのベストセラーモデル、ホンダ「N-BOX」をベースにした「N-BOX NEO」です。

 大人4人が余裕をもって移動できる乗用タイプというN-BOXの良さをそのまま活かし、室内の架装は最小限です。

 展示車は標準仕様の前後シートがそのまま装着されていましたが、運転席には回転機能が追加され、前後席で対面できるように。サイドテーブルと共に、3名がくつろげるダイニングスペースに早変わりできる仕様となっています。

 さらにマリーンズキャンパー同様にポップアップルーフを備え、N-BOX NEO専用の折りたたみ式ベッドキットと合わせ、4名の就寝を可能としています。

 平日は通常のN-BOXと変わらない使い方をする一方で、週末には車中泊も楽しめるという、1台で2つの使い方が出来る欲張りな仕様と言えます。

 N-VAN COMPOの消費税込み価格は260万3700円から。N-BOX NEOの価格は208万3400円からで、共に自然吸気エンジン、ターボエンジンが選べるほか、駆動方式も選択可能です。

ホンダ・N-BOX のカタログ情報を見る

ホンダ・N-VAN のカタログ情報を見る

【画像】4人で「寝れる」裏技は「開閉自在」なポップアップルーフ!? 写真を見る(24枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー