日産新型「セレナ」まさかのシャコタン!? 白内装の「エクストレイル」もAUTECHカスタムがイケイケすぎる!

2022年にフルモデルチェンジした日産「セレナ」と「エクストレイル」のカスタムカーが東京オートサロン2023に参考出展されました。一体どのようなモデルなのでしょうか。

ローダウン&大径タイヤのセレナがスポーティ!

 2022年は新型車の投入が相次いだ日産ですが、人気モデルの「セレナ」と「エクストレイル」がフルモデルチェンジして登場。東京オートサロン2023(2023年1月13日から15日に開催)では両車のコンセプトカーが参考出品されました。
 
 手掛けたのは日産車のカスタマイズや架装を担当する日産モータースポーツ&カスタマイズのAUTECH事業部。同社のカスタマイズブランド「AUTECH」をベースに、セレナとエクストレイルの新たな提案をおこなっています。

シャコタン仕様の日産「セレナ AUTECH カスタマイズド」
シャコタン仕様の日産「セレナ AUTECH カスタマイズド」

 プレミアムスポーティをテーマとするAUTECHモデルは、ドットパターンのフロントグリルや、ブルーに発光するシグネチャーLEDを採用して上質感を演出。

 低重心とワイドスタンスを印象付け、スポーティさを演出するメタル調フィニッシュの専用パーツを車体下部に装備したほか、シグネチャーLEDを囲むフィニッシャーもメタル調とすることで、低重心・安定感をより強調するスタイルを実現しています。

 そのうえで「セレナ AUTECH」をベースとした「セレナ AUTECH カスタマイズド」は、基準車では16インチとなるホイールを18インチに大径化。さらに、ローダウンサスペンションを組み込んで車高を30mm下げることでタイヤとボディのクリアランスが狭くなり、スポーティなミニバンに仕上げました。

 一方の「エクストレイル AUTECH カスタマイズド」は内装が特徴。ベースとなる「エクストレイル AUTECH」にはブラックのレザーシートが備わりますが、参考出品車はホワイトレザーシートを採用。かつてエクストレイル(3代目)に設定されていた「モードプレミア」と同様のホワイト内装とすることで、ラグジュアリーで華やかなインテリアが楽しめます。

 なお、ホワイトレザーでも、AUTECHブランドの内装に用いられるブルーのステッチやアクセントは健在です。

 また、セレナ AUTECH カスタマイズドとエクストレイル AUTECH カスタマイズドともに、ホイール表面には一部の高級車に用いられる「ダークスパッタリング」という処理が施されています。ダークなトーンに押さえながらも、光の当たり方によってキラキラと輝く加工が施されており、足元をラグジュアリーに演出します。

日産・セレナ のカタログ情報を見る

【画像】かなりイカツイ! ローダウン&大径タイヤの新型「セレナ」がギラついてる! (28枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント