新型軽SUV「デリカミニ」5月発売で現行「eKクロススペース」は生産終了へ 公式サイト上で発表

三菱は、軽スーパーハイトワゴン「eKクロススペース」の生産を終了すると、公式サイト上で公開しました。新型「デリカミニ」発売にあわせた動きとみられます。

新車のeKクロススペースが欲しいなら急ぐべし!

 2023年1月、三菱自動車工業(以下、三菱)は、軽スーパーハイトワゴン「eKクロススペース」の生産終了を発表しました。
 
 同社の公式サイト上で明らかにしたもので、5月に発売する新型「デリカミニ」が実質的な後継モデルとなります。

「eKクロススペース」のタフなSUVテイストは新型「デリカミニ」に受け継がれる![左:「eKクロススペース/右:新型「デリカミニ」]
「eKクロススペース」のタフなSUVテイストは新型「デリカミニ」に受け継がれる![左:「eKクロススペース/右:新型「デリカミニ」]

 eKクロススペースは、2020年2月の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」フルモデルチェンジ時に派生モデルとして誕生しました。

 三菱のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」をベースに、力強いSUVテイストのクロスオーバースタイルを特徴としたモデルです。

 2022年11月には、このeKクロススペースをベースに、さらにSUVテイストを強めたデザインへ刷新した新型車「デリカミニ」が先行発表されたことから、去就が注目されていました。

 新型デリカミニは、アクティブなデザインに加え、広く使い勝手の良い室内空間、専用チューニングサスペンションや大径タイヤによる走行性能の向上、先進運転支援機能の充実などを特徴とするニューモデルです。

 2023年1月13日から15日まで開催された「東京オートサロン2023」で初公開されるとともに、5月から発売することを発表し、同時に予約注文の受付も開始しています。

 2023年1月19日現在、eKクロススペースの公式サイトトップには、次のような一文が赤字で記されています。

「eKクロススペースは生産終了のため、ボディカラー、オプションなどがお客様のご希望に添えない場合がございます。詳しくは営業スタッフへお問い合わせください」

 新車の現行eKクロススペースが欲しい場合は、早めに三菱販売店に問い合わせる必要がありそうです。

 なお三菱 広報部によると、ベースモデルのeKスペースは引き続き販売されるとのことです。

三菱・eKクロス のカタログ情報を見る

三菱・ekクロス スペース のカタログ情報を見る

【画像】「eKクロススペース」と後継車「デリカミニ」を写真で見る(40枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント