日産が「スタイリッシュSUV」を新たに投入へ 3代目に全面刷新となるミドルサイズ「キャシュカイ」 中国発表間近か

日産は欧州市場向けに「キャシュカイ」を展開していますが、新たに中国市場にも投入する動きが見られました。

日産「キャシュカイ」、中国でモデルチェンジ! 3代目登場が明らかに!

 日本ではかつて「デュアリス」として販売されていた日産のミドルサイズSUV「キャシュカイ」が中国でモデルチェンジを迎えます。どのようなモデルになるのでしょうか。

欧州などで展開される日産「キャシュカイ」が新たに中国でも投入される動きがあった!(画像は過去に日本で展示された欧州仕様)
欧州などで展開される日産「キャシュカイ」が新たに中国でも投入される動きがあった!(画像は過去に日本で展示された欧州仕様)

 キャシュカイは日産が2006年より展開しているグローバルSUVです。

 日本では「デュアリス」という名前で販売され、モデルチェンジを迎えることなく2014年に販売を終了しました。

 一方、日本以外の市場では2013年にモデルチェンジし、2代目へと移行します。「ローグ(日本名:エクストレイル)」の弟分的なポジションを担うミドルサイズSUVとして継続的に販売され、2021年にはe-POWERモデルを追加するフルモデルチェンジをおこないました。

 その後、欧州市場などでは3代目へと移行しましたが、アメリカ(アメリカ名:ローグスポーツ)と中国ではフルモデルチェンジから2年ほど経過した現在でも、依然として2代目モデルが販売されています。

 そのようなか、中国向けキャシュカイもようやくフルモデルチェンジを迎えることが判明しました。

 この情報が判明したのは中華人民共和国工業情報化部(通称:工信部)のサイトです。

 工信部は日本でいうところの経済産業省や総務省の業務を扱う機関となり、中国では自動車メーカーが新型車を製造・販売する前にその情報を工信部に届け出る必要があります。

 2023年1月11日に公開された最新の情報では、デザインが刷新された3代目キャシュカイ(中国名:逍客)の各種画像とスペックが掲載されています。

 届出された画像を見ると、エクステリアデザインはすでに欧州などで販売中のキャシュカイと基本的に同一なのがわかります。

 中国仕様で異なる点はリアバンパーの造形やリフレクターの数、そしてリア右側に「東風日産」のエンブレムが存在するなどです。

 このことからも、中国仕様は東風汽車と日産の合弁会社「東風日産」が製造をおこなうことがわかります。

 現在販売されているキャシュカイは英国日産自動車製造会社(NMUK)のサンダーランド工場のみで製造されているため、初めて3代目キャシュカイの製造拠点が増えるということになります。

 また、東風日産は2代目キャシュカイを大連工場で生産していますが、新しいモデルも同じ工場で製造されると予想されます。

【画像】超カッコイイ! キャシュカイが日本で公開されてた! これは売れそう! 実車を見る!(19枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 強調しすぎな日産グリル形状やめたら
    購入候補に入れたい人多いんじゃない?

  2. 日本人は設計の古いエクストレイルと途上国向けタイキックスで我慢しろ、ということなのね。

  3. キャッシュカイにe-Power、e-4orce積んだらいいなぁ、欲しいなぁ。

  4. 日本で販売されない日産の車、興味はありません。トヨタやホンダ、マツダのように日本向けのデザインの良い車を多く出してきていますが何故か日産は出す力がなくなっているのか、中途半端。日産は一般向けの車をもっと国内むけに出すべきと思いますが? 2023年に e POWER のセダン又はキャッシュカイが日本販売確定した時に大きくコメントを出してください。