約2万5000円も捨てることになる? 軽視しがちな「タイヤの空気圧」 実は見逃せない部分? すぐ出来る対策とは

実はタイヤの空気圧は重要な要素です。燃費が悪化するだけではなく最悪の場合にはバーストにつながる恐れもあるといいます。

タイヤの空気圧不足で年間2万5000円以上も無駄になる?

 クルマが地面と唯一接する部分がタイヤです。ひとつのタイヤではハガキ1枚分の面積が地面に接しています。

 重要なタイヤですが、燃費に関しても大きな影響を占める部分となり、定期的な空気圧チェックを怠ると、年間で2万円以上も損をするという結果になるといいます。

なぜ空気圧が低いだけで年間で2万5000円以上も無駄になるのか?
なぜ空気圧が低いだけで年間で2万5000円以上も無駄になるのか?

 公益財団法人 日本自動車輸送技術協会では、公式ホームページ上で「空気圧の低下がタイヤ損失の増加と燃費悪化をもたらす理由」を以下のように説明しています。

「空気圧が低下すると損失が増加し燃費が悪化する理由についてですが、空気圧が低下したタイヤは同じ荷重条件でもタイヤ断面の変形量が拡大し、その結果タイヤの繰り返し変形に伴うエネルギー損失が拡大します。

 すなわちころがり抵抗が大きくなりますので、これが燃費の悪化をもたらす主な原因です(一部引用)」

 また一般社団法人 日本自動車連盟 (JAF)では「タイヤの空気圧不足、燃費への影響」の調査結果を2021年10月26日に発表しています。

 テストの内容は、タイヤの空気圧が起因する燃費の変化とそのメカニズムについて、タイヤの空気圧を低下させたクルマを用いて検証しました。

 テストでは同一車種を3台用意し、同じ銘柄かつ同サイズのものを装着。それぞれの空気圧を、「適正」、「適正から30%減」、「適正から60%減」で検証しています。

 全3回のテストをおこなった結果、空気圧が「適正」であれば平均燃費は13.0km/Lを記録しましたが、「適正から30%減」となる状態では約4.6%悪化した12.4km/Lとなっています。

 さらに「適正から60%減」では約12.3%悪化した11.4km/Lという結果になったようです。

 この検証をもとに、例えば1年間に「1万5000km走行」かつ「ガソリン価格165円」と過程した場合には、「適正(13.0km/L)であれば年間19万0410円かかる計算となります。

 しかし「適正から30%減(12.4km/L)」であれば19万9650円(適正より+9240円)高くなります。

 さらに「適正から60%減(11.4km/L)では21万7140円(適正+2万6730円)も高くなることになります。

 このようにタイヤの空気圧低下は燃費に影響することがわかりましたが、空気圧の低下による悪影響はほかにも挙げられます。

 なかでも空気圧の低下はタイヤがバーストする可能性も高まり、とくに高速道路などの速度域タイヤトラブルは、一般道路よりも増加する傾向にあります。

 これは高速道路での高い速度域での連続走行はタイヤへの負荷が大きく、空気圧が低下しているとタイヤのたわみ(変形)が大きくなることで、タイヤへの負担が大きくなった結果、最悪の場合にはバーストすることに繋がります。

 この現象を「スタンディングウェーブ現象」といいますが、バーストまでいかない場合でも「セパレーション(はく離)」を起こすなどの危険があります。

 タイヤの空気圧について、自動車整備士のAさんは次のように話しています。

「クルマはタイヤの状態によって燃費や乗り心地にも大きく影響します。

 そのタイヤの空気圧が不足すると燃費悪化だけでなく、破損や破裂など思わぬトラブルに繋がります。

 一方で空気圧が高すぎてもタイヤにはよくなく、空気圧不足と同様に乗り心地が悪くなるうえに、サイドウォールが張った状態となり、縁石などで擦っただけでダメージになります。

 そのため、出かける前には空気圧のチェックや状態を確認するのが望ましいです」

※ ※ ※

 なお、自分のクルマの適正な空気圧は運転席のドアピラーに貼ってあるシールに記載されており、空気の充填に関してはディーラーやガソリンスタンドなどでおこなうことが出来ます。

【画像】「これはアウトー!」 危険な状態のタイヤを見る(17枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 現在、一般的に行われている空気圧点検、調整は気温を無視して行われている。空気圧は気温、走行、直射日光により常に変化している。気温10度で約10kPa、走行で一般道で10kPa〜15kPa、高速道で15kPa〜25kPa、直射日光で10kPa〜15kPa日陰と日光側で差が出る。自然漏れは、ゴムの透過率は日本の夏で5%、冬で1%程度で3kPa程度です。冬は圧倒的に気温の影響の方が大きい。タイヤゲージの空気圧はその瞬間の「見かけの空気圧」でしかない。
    基準となる気温に補正(ボイルシャルルの法則)で見ないと、本当の空気圧がわからない。
    また、冬から夏にかけては、気温の上昇による膨張と自然漏れがバランスが合って空気圧は下がらない。銘柄によっては空気圧が上がっていく。
    燃費の悪化は、CO2の排出増になる。 気候変動につながる
    タイヤの摩耗増は、マイクロフラスチック増になる。生態系に影響を与える。
    従来のただ指定空気圧に合わせた空気圧には再現性はない。
    特にガソリンスタンドなので調整する場合は、気温、走行、季節を考えて合わせないと、指定空気圧にならない。
    参考に私のツイッター https://twitter.com/hakase_magicに図1に従来式の空気圧点検とオカダ式(基準気温:平均気温)の比較グラフを見ればわかるはずです。
    日本の自動車メーカー、タイヤメーカー、JAFなどみんな 空気圧低下は燃費悪化としか言っていない。CO2が増えると一言もいわない。しかし、ヨーロッパのメーカーミシュランタイヤだけがホームページにかいてありました
    オカダ式空気圧点検調整(国内特許)は自動車ユーザーは無料で使えます。

  2. 冬タイヤを履き潰しで次のシーズンまで履くのも摩擦熱に依る温度上昇でバーストのリスクがあって危険だって整備工場に言われてます。
    ゴムが柔らかいので撓みやすい。高速走行で熱を持ちやすいなど。無論、履き潰しはタイヤ交換の手間は省きますが、夏タイヤに比べて滅茶苦茶燃費が悪いです。スタッドレスは接地面積を稼ぐために少し空気圧が低いほうがアイスバーンでの効きは良いですが、そのまま夏に履くとハンドルは重いし転がり抵抗が高くて駄目ですね。
    以前は履き潰しをよくやってましたが、今はガソリンが高いこともあって雪が消えたら履き替えるようにしています。春先に在庫処分のスタッドレスが安く手に入るなら、溝の減ったスタッドレスも交換しています。
    あと、車によっては全軸にブレーキ回りの固着でホイールまで加熱することもあるので、更に危険ですし。