スライドドア付き「ジムニー」が存在!? ウッド内装で「オシャ車中泊」も可能! ゴツ顔軽バン「ジムリィ」とは?

東京アウトドアショーに、スズキ「エブリイ」と「ジムニー」の2車種が合体した「ジムリィ」が出展。一体どんなクルマなのでしょうか。

スライドドア付きのジムニー!? 「ジムリィ」とはどんなクルマ?

 2023年1月13日から3日間開催された「東京オートサロン2023」と併催の「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023(東京アウトドアショー)」では、さまざまなカスタムカーが登場しました。

 なかには、スズキ「エブリイ」と「ジムニー」が合体したような「ジムリィ」というカスタムカーが出展されていましたが、一体どのようなクルマなのでしょうか。

ウッド調の室内空間がオシャすぎる… 「ジムリィ」ってどんなクルマ? (画像は東京オートサロン2023)
ウッド調の室内空間がオシャすぎる… 「ジムリィ」ってどんなクルマ? (画像は東京オートサロン2023)

 エブリイは、後席両側スライドドアを装備したワンボックス型の軽自動車で、乗用車(エブリイワゴン)としてはもちろん、配送業者を中心とした商用車としてもユーザーから支持を得ています。

 一方でジムニーは、悪路走破性の高さなどが多くのユーザーから評価され、人気を集めるスズキのコンパクト4WDです。

 そんな2車種が合体されたような、その名も「ジムリィ」が東京アウトドアショー2023のT-STYLEブースで出展されました。

 エブリイは通常、四角いヘッドライトで落ち着いたフロントフェイスですが、T-STYLEが手掛けるジムリィは、ボンネットやグリル、フロントバンパー、左右フェンダーなどの「ジムリィフェイスキット」を装着。

 純正パーツのフロントグリルやヘッドランプ、バンパーメッシュなども装着することで、一気にジムニーフェイスへと変化します。

 このほか、タイヤやホイール、社外グリルについてオプションで設定が可能で、さらなるイメージチェンジを図ることも可能です。

 またオプションには、「レザー×コーデュロイシートカバー」や、「アンティークベッドキット」もラインナップ。

 ベッド下には木目調システムラックも備わっており、引き出しに天面カバーをつけることでテーブルとしても利用可能です。

 オレンジよりのブラウンレザーが映え、オシャレな質感の高い車中泊ができる仕様となっています。

 また東京アウトドアショーでは、クルマのボンネット部分に設置できる折りたたみのテントが展開されていました。

※ ※ ※

 ジムリィの価格は、エブリイワゴンベースでは196万5700円から234万7400円、エブリイバンベースでは135万4100円から190万4100円です。(新車ベースのコンプリートカー、消費税込み)

 オプションのレザー×コーデュロイシートカバーは10万7800円、アンティークベッドキットシステムラック付(バン専用)は30万8000円です。

スズキ・ジムニー のカタログ情報を見る

スズキ・エブリイ のカタログ情報を見る

【画像】スライド付き「ジムニー」スゲェ! カスタムカー「ジムリィ」の実車を画像で見る!(24枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント