スズキ新型「ジムニー5ドア」VS「ジムニー3ドア」どっちがほしい? 「5ドア」発売したら「3ドア」人気なくなるか

2023年1月12 日、かねてより熱望されていた新型「ジムニー“5ドア”」がインドにて世界初公開されました。5ドアがほしいという声の多かった日本でも大きな話題となりましたが、このクルマについて「既存の3ドア」と「新登場の5ドア」どちらが欲しいのかSNSでアンケートを実施しました。

新型「ジムニー5ドア」VS「ジムニーシエラ3ドア」! 勝ったのは?

 2023年1月12日、スズキは、インド・で開催された「Auto Expo 2023」にて、スズキ新型「ジムニー“5ドア”」を世界初公開しました。

 かねてより日本でも要望の多かった5ドアモデルが発表され、SNSなどでは「日本導入はいつなのか」とその登場を熱望する声が多く見られます。

 そんな待望の新型ジムニー5ドアは、3ドアと比較しどれほど人気なのでしょうか。アンケートで聞いてみました。

【画像】やっぱり圧勝! スズキ新型「ジムニー“5ドア”」を画像で見る(80枚)

待望のスズキ新型「ジムニー5ドア」日本導入は未発表
待望のスズキ新型「ジムニー5ドア」日本導入は未発表

 軽四輪駆動車の「ジムニー」を含むジムニーシリーズは、全世界194の国と地域で、日々の生活からレジャー用途まで幅広く活躍するコンパクト4WDです。現行型は、2018年7月に発売された4代目ですが、2023年現在でもその人気は衰えず、注文してもなかなかクルマが届かない「長納期化」状態にあります。

 ジムニーシリーズのなかでも、小型車用エンジンを搭載し、オーバーフェンダーなどで車体を普通車サイズに大きくしたのがジムニーシエラです。

 そんなジムニーシエラの5ドア仕様として誕生したのが新型「ジムニー5ドア」となります。

 リアドアを追加し荷室を拡大するため、全長が435mm延長されているほか、5連スロットルグリルにメッキパーツが追加された専用グリルを装備しており、高級感が高められています。

 また、気になる走破性能については、アプローチアングルが36度、ランプブレークオーバーアングルが24度、デパーチャーアングルが50度、最低地上高は210mと、車体が延長された分、3ドアモデルのジムニーと比べてランプブレークオーバーアングルがわずかに少なくなっていますが、ほとんど変わりません。

 そんな新型ジムニー5ドアですが、3ドアが超納期化しているにも関わらず、SNSなどでは日本導入を望む声が多く見られます。

 では、実際3ドアと比較してどちらが欲しいのか、SNSでアンケートを実施しました。

 質問は次の通りです。

『スズキ新型『ジムニー5ドア』とスズキ『ジムニー3ドア』はどちらがほしいですか?』

アンケートでは90.6%がスズキ新型「ジムニー5ドア」と回答。新型の5ドアモデルが圧倒的な人気を誇ることがわかります。

 アンケートの自由回答では「ジムニーシエラの購入を検討していたが、3ドアしかないというのがずっと引っかかっていて購入に踏み切れなかった」、「念願の5ドア何年待っても購入したい」など、5ドアの日本導入を熱望する声が多くありました。

 また、3ドアのユーザーも「ジムニーシエラを自家用車として愛用しているが、やはり5ドアの方が使い勝手が良いからほしい」と回答しており、3ドアのユーザーでさえ5ドアモデルを切望している様子もうかがえます。

※ ※ ※

 現在、新型ジムニー5ドアの国内導入については、スズキからの正式な発表がありませんが、熱望する声が多くあるだけに、スズキの動向に期待したいところです。

 一方、5ドアモデルが発売され人気が集中することで3ドアモデルの需要が落ち着き、納車が早くなったり、中古車価格が安定するなどなど影響が及ぶかもしれません。

スズキ・ジムニー のカタログ情報を見る

スズキ・ジムニーシエラ のカタログ情報を見る

【画像】やっぱり圧勝! スズキ新型「ジムニー“5ドア”」を画像で見る(80枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント