爆ゴツ顔のトヨタ「装甲車風RAV4」ドカンと登場! 斬新デザイン採用のカスタムカー「ブラーバ マーズ」とは

KUHL JAPAN(クールジャパン)はトヨタ「RAV4」をベースにしたカスタムコンプリートカー「VRARVA MARS」を東京オートサロン2023にて展示しました。どのようなクルマなのでしょうか。

完成度の高い新カスタムカー「VRARVA MARS」

 ここ数年、トヨタ「RAV4」のカスタムの世界が盛況です。前後のリップスポイラーやサイドシルガードなどのエアロパーツに加え、オフロード寄りのタフなキャラクターを強めた「オーバーランダースタイル」がトレンドとなり、ゴツい形状のバンパーや、屈強なルーフラック、補助灯などでタフさを強調するドレスアップが定番メニューとなっています。

「RAV4」カスタムパーツのなかでも完成度の高い「VRARVA MARS」
「RAV4」カスタムパーツのなかでも完成度の高い「VRARVA MARS」

 そんななか、東京オートサロン2023において、久しぶりのニュースタイルが登場しました。

 それは、KUHL JAPAN(クールジャパン)が手がける「VRARVA MARS(ブラーバマーズ)」です。トヨタの人気クロスオーバーSUV「RAV4」をベースにしたカスタムコンプリートカーで、ブラーバブランドとしては第1号のモデルとなっています。

 その見た目は、斬新かつ過激です。オリジナルのRAV4が持っているオールパーパスな雰囲気を、ステルス機を思わせる平面を強調したクールなボディパーツで増幅。まるでアメリカ軍の最新軍用車両「JLTV」を彷彿とさせるフォルムに仕上がっています。

「金属感を感じさせるミリタリーテイストなフォルムに、近未来というエッセンスを加えたデザインを創造した」と説明する通り、近未来的な雰囲気も持っています。

 チーフデザイナーの榎本裕人氏によると、「見た目だけを意識したのではなく、アプローチアングルなど機能性も高めてある」といいます。

 専用フロントバンパーの下部は角が大きく削られた形状になっており、オフロード走行時に威力を発揮します。

 こうしたテイストはアメリカの高級カスタム市場などではありましたが、国内では初見といっても差し支えありません。

 さらにブラーバマーズは、ウィンドウやルーフ、ライト類を除きすべてボディキットを装着しているのにも関わらず、手軽なプライスを実現している点も注目されます。

 リアスポイラーとリアゲートガーニッシュはオプションですが、12点ものボディパーツをはじめ、その他のドレスアップパーツ、ホイール、タイヤまで含めた消費税込み価格は429万円です(ベース車両:ガソリン2WD・Xグレードの場合)。

 ベースのRAV4に対し著しくイメージを変えながら、135万2000円高の設定は破格といえそうです。は、

 ちなみに、ボンネットやバンパー、フェンダーなどフロント周りのパーツは、すべてノーマルと交換。あとは両面テープで装着するという手法をとっています。

 しかしフィット感は抜群で、ドアノブやフューエルリッド、ドアミラーの辺りを見ても後付け感はゼロ。さらにマット調のボディカラーも相まって、どこにもチープ感が見当たりません。

 特に、リアドアからリアフェンダーにかけてのプレスラインの形状はベースのRAV4の形状がそのまま投影されており、先述の榎本氏の話によると、RAV4の製品企画・設計および製造を担当した豊田自動織機のデザイナーから「RAV4のプレスラインがそのまま活きている」とお墨付きをもらっているようです。

 オーバーランダーカスタムが人気の主流であるRAV4にあって、強い個性を持つブラーバマーズは注目の新カスタムといえ、アウトドアには興味がないという人でも、このドレスアップメニューならライフスタイルにフィットしそうです。

 また、このコンプリートカーをベースに、ルーフラックやリアラダー、ウォータータンクなどを付けて、リアルミリタリールックにするのも面白いかもしれません。

 さらに、既存のRAV4オーナーであれば、ボディキットを後から装着することも可能で、カスタムへの敷居が低くなっていることも特徴といえるでしょう。

 ちなみにブラーバの第二弾「クロスオーバーミニバン」、第三弾「クロスオーバーKカー」も2023年度に登場予定。こちらのデザインも、期待大です。

【画像】ほぼ別のクルマ! イメチェンしすぎなのに完成度高い「VRARVA MARS」を写真でチェック(46枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント