ゴツすぎ「装甲車」みたいなトヨタ「RAV4」登場! ミリタリーだけど「サイバー感」スゴいコンプリートカー発表

KUHL JAPAN(クールジャパン)はトヨタ「RAV4」をベースにしたカスタムコンプリートカー「VRARVA MARS」を発表しました。どのようなクルマなのでしょうか。

「タフ」で「サイバー」なコンプリートカーシリーズが登場

 さまざまな国産車のカスタマイズパーツを展開しているKUHL JAPAN(クールジャパン)は2023年1月10日、新ブランドの「VRARVA(ブラーバ)」シリーズの第一弾となるコンプリートカー「MARS(以下マーズ)」を発表しました。
 

トヨタ「RAV4」をベースにした「VRARVA MARS」(画像:KUHL JAPAN公式サイトより)
トヨタ「RAV4」をベースにした「VRARVA MARS」(画像:KUHL JAPAN公式サイトより)

 新ブランドの「ブラーバ」はサブネーム「CYBER X RACING」と名付けられ、「近未来クロスオーバーカー」をテーマとしたコンプリートカーです。

 装甲車のようなミリタリーな世界観をもち、「金属」「鋼」「戦闘機」「スピード」などのテイストも盛り込んだ、メカニカルで近未来なクルマへと仕上げたといいます。

 シリーズ第一弾となる「マーズ」はトヨタのクロスオーバーSUV「RAV4」をベースに、ウィンドウやルーフ、ライト類を除きすべてボディキットを装着。標準のRAV4とは大きく離れたスタイリングとなっています。

 ボディキットは12点のパーツで構成されており、「ボンネット」「ブラーバエンブレム付きフロントグリル」「フロントロアグリル」「3分割フロントバンパー」「フロントフェンダー」「フロントドアフェンダー」「ブラーバロゴ入りサイドパネル」「リアドアフェンダー」「リアフェンダー」「フューエルリッドカバー」「リアバンパー」「リアゲートロアガーニッシュ」が含まれます。

 ボディキットのフロントデザインは、ヘッドライト上部が盛り上がった専用ボンネットやエッジの効いた六角形状のグリル、ブラックのバンパーなどが特徴で、ボディカラーとのコントラストをもたせ堅牢な雰囲気を醸し出しています。

 サイドは専用フロントフェンダーやドアパネル、サイドパネルを装備することにより、無骨で筋肉質なイメージをもたせ、戦闘機を想像させるリア周りのデザインへと続くスタイリングとなっています。

 さらに、「ルーフエンドウイング」や「リアガーニッシュ」、「ドアミラーカバー」の3点もオプションとして選ぶことが可能です。

 クールジャパンでは新車のコンプリートカーが製作可能なほか、中古車をベースに仕上げたり、後付けすることも可能としています。

 マーズの価格(消費税込)は99万円で、オプションで用意されるルーフエンドウイングは7万7000円、リアガーニッシュは3万4100円、ドアミラーカバーは3万3000円に設定されます。

※ ※ ※

 クールジャパンは2023年1月13日から3日間開催される「東京オートサロン2023」に出展することを発表し、マーズ3台のほか、三菱「デリカD:5」やスズキ「ジムニー」のカスタム車両を展示する予定となっています。

トヨタ・RAV4 のカタログ情報を見る

【画像】「RAV4」がイメチェンしすぎ! 「サイバー装甲車」な「VRARVA MARS」ってどんなクルマ? 画像でチェック(40枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント